<< ファンクラブ主催の関西懇親会に... 淡路島のファンクラブ例会 >>

ファンクラブ関西例会に参加して

オーディオ初心者のK.I/097です。初めて投稿いたします。

SD05を使い始めてから2年以上になるのですが、この道の奥義を窮められたファンクラブの方々の論談の中で何を書くことあるのかと思っていましたが、このたび淡路島の試聴会に参加して、石田さんとお話しさせて頂き、まあこんな人でもSD05を使っているのか知ってもらうのも意味があるかと思って、恐る恐る投稿しました。私みたいに、定年になって暇になったからオーディオでもやってみようかという人も多いようですから、「SD05は上級コースへの最短距離」と初心者なりの宣伝のつもりです。

まず、SD05を使い始めた経由からはじめます。音楽は昔から好きだったのですが、勤めている間は忙しくてたまにCDを買って聴く程度でした。3年前、定年になって引越ししたとき前から使っていたアンプが壊れてしまい、この際だから、オーディオ装置を一新することにしました。SPは前からあこがれていたTANNOYにすることにして、CDPをどうするかTANNOYのファンクラブの人たちにいろいろ教えてもらっていました。その中で、「中途半端にCDPにお金をかけるより、SONYのMS1の中古品を探して改造してもらえば、良く鳴るよ」といわれました。

「MS1を鳴らすにはSD05というよく分からんアンプも買わなければならないが、合計しても中途半端なCDPを買うくらいで手に入る」とのことです。まさか?と思ったのですが、ネットの議論(SD05がにぎやかに議論されてた頃です)をいろいろ読んで、どうやら本物らしいと思いました。数ヶ月間いろいろ迷って、H18年の暮れごろにMS1を買う決心をしたのですが、残念ながらその頃にはMS1はもう手に入らず、しかたが無いのでXA55にして、その付属品として(石田さんすみません)SD05を購入することにしました。

まあ、こんな次第で、SD05という宝物を図らずも手に入れたわけですが、今ではもちろんSD05が王様で、SPがこれに合っているか悩んでいます。今使っているシステムはSD05(75W/clock up)+XA55改+TANNOY-Yorkminsterです。それでどんな音がするのか?・・・「よく分からんが、そんなに悪くないとは思っている」というのが答です。それが気になって、オーディオショップや試聴会などに出かけて聞きくのですが、初心者としては「自分のが一番いいな」と思っています。唯一、もっと良いかなと思ったのは先日淡路島の試聴会で聞いた大山さんのT4です。(T4についての感想は、後で少し述べます)
b0098901_1353640.jpg
先に「SD05は上級コースへの最短距離」だと言いましたが、全くそう思います。3年前、オーディオを本格的にはじめようと思ったとき、老い先そう長くは無いが、「5年やれば一応のところには行けるだろう」くらいに思っていました。しかし、図らずもSD05を手に入れて3年で、「一応のところ」よりもだいぶ先に行ってしまったような気がします。今からもう一度、システムを買い直すとしたら何を選ぶか、よくそんなことを考えるのですが、部屋の広さや自分の好みなどを考えるとやはりこのシステムになるのでないかと思います。(SPはT4にしたかもしれませんが、残念ながら3年前にはT4はありませんでした)「一応のところ」まで行くにはいろいろ失敗して授業料を払わなければならないだろうと思っていたのですが、一直線に今のシステムを手に入れてしまったのは、まったくの僥倖だとしか思えません。SD05はオーディオ道を極めた達人にとってもすばらしいもののようですが、初心者には天の恵です。ファンクラブでSD05の宣伝しても意味ありませんからこのくらいにして、淡路島の試聴会の感想少し述べます。

視聴会は、4月11日、淡路島南端の鳴門海峡を見下ろす丘の上に建てられた「ホテルニューあわじ」のチャペルの中で行われました。ヘリポートまで備えた立派なリソートホテルです。チャペル(?)は結婚式の披露宴などに使われる、直径10mほどの8角形の建物で、壁面はガラス総張の扉で庭園がよく見える素敵なところでした。天井が高く音がよく響き、ちょっと高音部で共振*する気配がありましたが、試聴会に適した場所です。会には石田さんをはじめとして、幹事さん、T4を作っておられる大山さんと、関西地区のSD05オーナー数名とこれからファンクラブの会員になられるだろう方々、計十数名が参加されていました。

試聴会で鳴らされたのは、SD05(50W)+HD1+T4-limitedです。このシステムについては、これまでの視聴会でもよく使われ、そのすばらしさは、達人の方々がこのブログですでに言い尽くされており、それ以上付け加えことはありません。こんな小さいSPでこんなすごい低音がよく出るものだと、ただ驚くばかりです(これがSD05の威力でしょうね)。さまざまなT4の配置を試し、中央並行配置のすごさを認識させてくださいました。幹事さんの持論である「まず音場を作ってそれから音色を考える」ということの意味がよく分かりました。
b0098901_1345411.jpg
この音場をどうしたら私の狭い部屋で実現するか、そればかり考えていました。YorkはT4よりずっと大きいので、難しいでしょうが何とかならないか、今後の楽しい課題です。もうひとつ考えていたのは、YorkとT4とどちらがいいかということです。両者の音色はかなり違っています。Yorkはおっとりとした、まあ品の良いとも言える音を出しますが、T4はターミネーター風に鋭く活力のある音がします。特に、ボーカルがすごい。しかし、この会場で同じ中央並行配置にして比べて見なければYorkがかわいそうで、結論は未定です。今買うとしたらどちらかと聞かれれば、「どちらも欲しい。曲によって使い分けたい」なんて贅沢を言いそうですーー不可能なことを空想するのは勝手ですから。

初心者の愚にもつかない感想文はこれくらいにして、視聴会参加のもうひとつの目的である、「達人の方々とお知り合いになって、いろいろ教えていただこう」と思っていたことも、期待以上でした。SD05のオーナーの方々は真摯に音楽を愛する心の広い方々だと思いました。舞鶴のHYさんと同室になっていろいろと秘密兵器を教えてもらい早速試そうと思っています。HYさんに改めて御礼申し上げます。初心者にとってSD05のファンクラブはとても役に立つところで、これも天の恵だと思っています。

以上、最後までこの拙文を読まれた方は、オーディオ初心者ゆえのこととお許しください。

平成21年4月13日

K.I/097

*注:共振は超高域で支柱の鉄の柱が起こしていました。SPの位置を変えて調整いたしました。
by SD05club | 2009-04-14 12:33 | Sound Cafe
<< ファンクラブ主催の関西懇親会に... 淡路島のファンクラブ例会 >>