<< 「最後の例会を終えて」 夢をかなえるSD05 >>

最初で最後の例会に参加して

先日の那須の例会、最初で最後の参加でしたが、参加できてとてもありがたかったです。ありがとうございました。SD05を愛していらっしゃる方々にお会いでき、お話を聞くことができ、いかに石田さんが、そのSD05アンプが皆さんに愛されているかがよくわかりました。

 大山さんの新しいSPを聴いてすごいぬけの良い深みのあるバランスの良い素晴らしい音で、あのようにならせるSD05アンプが本当はいかにすごいかがこれもよくわかりました。私が今鳴らしている音は滑らかでバランスよくくっきりして端麗な佇まいの日本美人という音だと思っていますが、しかし今日の何分の一かぐらいしか出ていないと思いました。

b0098901_9362884.jpg

 
HD1のクロック改造をお願い致しました。製品が戻ってきた時にはCDプレーヤーのレベルが今より俄然上がり、今の音よりはかなりの向上が図れるのではないかと期待すること大です。
 
また部屋が狭いので平行法はあきらめて交差法で試行錯誤で地道に音の焦点が合ってくっきり深い響きの音が出せるようにこれから頑張りたいと思います。それがうまくいけば私のSD05もいくらか本領を発揮できるのではないかと期待しています。
 
いろんな収穫のある例会でした。
 
またタンノイでの実験で、トントンで音が変わるということがどういうことを言っているかがわかりました。全く違う音色の違う音になるのかと思っていましたが、同じSPですからそんなことはなく、実際は音の焦点が合い、音のぬけや見通しがよくなり、すっきりした雑味のない、深みのあるきれいな響きが出るようになる、音がざらついたりくぐもることなくすがすがしくのびのびとしかし端麗な状態になることなのかと理解をいたしました。

音がよくなる前と後を確認できましたのでこれからの調整作業の大いに参考とさせていただけると思います。やることはごく単純で簡単なことということもわかりましたので。ただ相当量の試行錯誤が必要でしょうが。幸い調整法のテキストはブログにありますし。また参考にさせていただきます。
  
これからもお仲間の末席においていただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

Y.T@127
by SD05club | 2016-06-01 09:30 | 那須
<< 「最後の例会を終えて」 夢をかなえるSD05 >>