<< 那須の試聴室のサウンド SD05との出会い >>

那須の試聴室

那須の試聴室とは、考えられたものです。昔からの別荘地に、ご自分でログハウスをお作りになられる。
石田さん以外に誰が考えられましょうか?ご本人はお金がないから、自分で作られたと言われるでしょうが、簡単には組み立てられません。
還暦をお迎えになられた人が、全部ご自分で建てられるなど、DIYが趣味だとしても、感心させられます。手作りログハウス
b0098901_20102941.jpg
b0098901_20104018.jpg
嬉しそうな石田さん。建設中にはアクシデントもあったのです。

『この日はちょっとしたアクシデントがありました。
一番大きな部材を乗せるときにそれまでしぶかった溝へのはめ込みがなんの抵抗も無く入ってしまったのです。
脚立の上で部材を腕で支えていたので、片腕がそのまま歩合の間に挟まれてしまった格好になりました。一度入ってしまうと簡単には抜けません。
しばし脚立の上で(腕を挟んだまま)考えた結果、腰の作業ベルトに入れておいたバールでこじり、ハンマーやペンチの柄を挟んで少しずつ持ち上げて隙間を空けることに成功。
なんとか脱出しましたが、一人で作業するときは十分な注意が必要だと痛感しました。
このときは携帯電話を左のズボンのポケットに入れておいたのですが、左腕を挟まれたので右手では出せませんでした。
携帯電話はストラップで首から下げ、胸のポッケトに入れておき、いざと言うときは助けを呼べるようにしておいたほうがよさそうです。
こういった事故のないように、ログハウス屋さんのスタッフの方は巡回してくださっているようです。何しろ人気の無い山の中での作業です。中には動けないまま一晩過ごした方もいるのだとか!』
 K/013
by SD05club | 2006-06-15 20:10 | 那須
<< 那須の試聴室のサウンド SD05との出会い >>