<< 私のSD05/033 SD05の足!? >>

SD05試聴会が開かれました

お茶の水のオーディオユニオンお茶の水店で、先週の土曜日(9月2日)に石田さんご自身の解説によるSD05試聴会が開かれました。会場は入りきれない人たちもおられるぐらいの満員でした。SD05のオーナーの方も3名程参加されたそうです。
この会に参加された「GRFのある部屋」さんのご友人のYさんから、次のようなメールがGRFさんに届きました。

GRFさん
想像通りの素晴らしい音でした。
なにも加えず、何も足さない音が一番音楽の情念を伝えると言うことが実感できました。
帰り際に石田さんにご挨拶もさせていただきました。

昔々学んだNFBや起電力の話、回路と基盤のの対称性の大切さなど実に理路整然とした話で頭にすんなりと入りました。

「アナログを蘇らせた男」の本では、「レコードのアナログの音のすべてを今のプレイヤが引き出していない」という無念さを込めた本でしたが、今回の試聴会で「CDの音が完璧に引き出されないままに、未完成なSACDやDVDオーディオに走る愚かさ」がよく分かった気がします。

現行のCDトランスポーターとしてはSONYのSCD-DR1しかないのでしょうか?
試聴会ではオーディオ・ユニオンの人が武蔵野方面にあるメーカーが石田さんのデジタルアンプにマッチする製品を出すかのようなほのめかしが有りましたが、TEACのことでしょうか?

石田さんに今度お目にかかったらSCD-DR1でSACDを再生し、デジタルアンプSD05で再生することに意味があるのかどうか聞いてみたいと思いました。

なお、今回の視聴で使われたスピーカーはパイオニアの3ウェイスピーカーシステム(トールボーイ型)S-1EXでした。最適視聴位置に座れなかったためか、スピーカがSD05にマッチしたものかどうかは疑問でした。

T.Y

Yさん,GRFさんありがとうございました。この会にご参加された皆さんや、石田さんにご質問のある方は、是非このブログにご感想・ご質問をお寄せください。宛先はSD05club@excite.co.jpです。 K/013
by SD05club | 2006-09-05 16:43 | Sound Cafe
<< 私のSD05/033 SD05の足!? >>