<< サロマ湖の夕日とParagon SD05 導入プロローグ >>

ようやく立ち上がりましたね

一番最初にお話を聞いて投稿したのですが、いつまでたっても立ち上がらず気をもんでいました。DIY/044です。バンドル名はDo It Yourselfみたいな名前ですが本当は違う意味です。
それはさておき、私も50wバージョンにしていただきました。6畳間のリニアフィールド(いい言葉ですね!狭さを忘れられます)ですから、ボリュームは最大でも、11時ぐらいでした。50Wヴァージョンにしていただき、一辺に使いやすくなりました。7ナノセコンドの差が聞こえるから、人間の感覚は本当にすごいですね。100W版とどのように違うかですが、木綿豆腐と絹ごし、いや!違うな。絹ごし豆腐とごま豆腐という感じかな? ちょっぴり濃厚な味がします。SPの間の音の密度が上がります。表現は違いますが、オリジナル版のレコードを聴いているような、低音が暖かい感じがします。特にアナログ入力の時に、それを強く感じました。

アナログ入力といえばSD05のADボードは、本当に優秀です。数百万円する輸入機と変わらないグレードのものがさりげなく搭載されています。真空管のプリを繋ぐと真空管の音がしますし、オープンテープの太いアナログサウンドもそのまま再現します。A1とA2の入力感度の差が、アナログでは音質コントロールにも使えるから不思議ですね。以前改造に改造を重ねたCD-34の音がそのまま、反映されるのもうれしいです。
友人から預かりっぱなしの古いWADIAも生き返りました。こちらは、BNC入力です。バランス入力よりまとまった音になります。石田さんに我が儘いって、無理矢理作っていただいたバランス入力は、結果的にはあまり使いませんでした。RCA入力を増やした方が使いやすいです。同じ意味で、DVD用に作っていただいた光入力も必要ありません。どうしても光で繋ぐのなら外部アダプターでも充分ですから。このごろは、あまり作られていない、CDトランスポートが、中古屋さんやネットであれば、充分ですね。何しろ、今まで聞いたことのない音がCDからします。これには、オーディオ仲間の友人たちが皆びっくり!いろいろ試しましたが、あまり古さは関係なく、むしろ10年ぐらい前のCDプレーヤーの方が、安定した音がします。この頃の、DVDプレーヤーは筐体の軽さがそのまま音にでるし、第一回転音がうるさいです。スピードが違うのでしょうか?

ケーブルは、従来から比べればほとんど選びません。やはり、逆起電力(起電力?)が無いせいでしょうか?でも、ケーブル自身の音の差は、検知器のように出します。怖いぐらいです。
結論的には、電気的にしっかりしたものがあればいいのでは無いでしょうか?ケーブルは触った感じが音にでるような気がします。あまり値段に関係ないのがおもしろいです。
スピーカーは、取っ替えひっかえいろいろ繋いでみました。総じていえるのは、能率が悪いSPはだめです。能率が90db以上あるSPはみな生き生きと鳴り出します。不思議なのは、鳴らし始めはみな一応にとまどったような音がするのですが、15分ぐらいたつとがらりと変わります。まるでお風呂に入ってさっぱりしたように変貌します。そして、もっと不思議なのはその後元のアンプでならしても、SPは生き生きしているのです。まるで普段使わない筋肉をストレッチ体操したような感じです。SD0を持ち込んで聞かせた友人達が喜んでいました。  by DIY/044
by SD05club | 2006-09-12 10:16 | Sound Cafe
<< サロマ湖の夕日とParagon SD05 導入プロローグ >>