<< レコードコンサートのお願い パラゴンをマッキントッシュ27... >>

代表ブログより

ーー このところ、お問い合わせのメールでSD05よりもCDトランスポート(プレイヤー)に関するものが増えてきました。サウンドデザインは現在のところSD05のメーカーでありますので、中にはお答えに困るものもあります。多いのは最近購入したユニバーサルプレイヤーのCDの音がそれまで使っていたものにくらべ不満が残ると言うものです。現状で手に入るCDトランスポートを教えて欲しいと内容です。

サウンドデザイン社はCDトランスポートを作っていません。SD05のオーナーへのサービスの一環として、ご自身が手がけたCDPをアレンジされているだけです。お使いのCDPの性能やご質問をされても、答えられることと出来ないことがあります。SD05に対しては出来ますが、他社の製品のコメントは出来ないからです。

どんな物でも専用機に勝る兼用機はありません。ソニーではSACDを発表するときにSCD-1を発売しましたがこれはCD用とSACD用の光ピックアップの2個を搭載していました。これは技術的にも(コスト的にも合わない?ので現在では技術的に高速読み取りが可能なSACD(DVD)がベースとなっています。置き方やディスクのスタビライザーで音が変わる現状では、マルチディスクプレイヤーでのCD再生でよい結果が得られないのは当然です。また、ビジネス的に考えればCDより音の悪いSACDやDVDオーディオでは話になりません。(絶対値とは無関係に)結論はCDで音楽を楽しまれる方はCD専用プレイヤーを使用されるのが賢明です。と言って現在手に入るそんなCDプレイヤーがあるのでしょうか?

光ピックアップの2個を搭載した製品は、どちらの性能もベストを尽くす為にその時点の最高水準を維持しました。結果としては大変使いづらい、またコスト的にも採算性の悪い製品になっていましました。その為、DVD用のメカをCD用に転用したわけです。また、二つが掛かる機器の場合、「CDより音の悪いSACDやDVDオーディオでは話になりません」ので、安価な製品の場合のCDの音質は、同時に搭載されているSACDやDVDより音質が一段と下がります。その場合は、より上級機種のCD専用機に比べ音質は悪くならざるをえません。音質より、販売上の問題でピュアオーディオ自体の地盤沈下が始まったのです。

ありますよ!!最近LINNが発売した『CD専用だからいい!』 
何を言ってるんでしょう??
以前はCDしか無かったのに!
現状では少し前のメカがしっかりした中古品を探すのが現実的かもしれません。
賢明なオーディオ音楽愛好家は自分が何を求めているのか改めて考えて見ることをオススメいたします。


石田さんの呆然さが伝わってきます。CDのメカそのものは、SACDやDVDより低速で動きます。規格も違いメカの差も音にでる仕様です。その為、一段とデリケートな作動を要求されています。そこへ、補正方法もしっかりしていて、数値(デジタル信号)の変わらない方式のSACDやDVDの高速メカでは、どうしてもCD読み込みには問題が出やすいのです。高級オーディオ店の担当の方は、異口同音にCD専用機が欲しいと言われています。SD05が開いた真のデジタルオーディオ時代にふさわしい、正しいデジタル信号を送りだしてくれる、CD専用トランスポートがいま市場で要望されています。それまでは、一昔前のしっかりしたCDメカを搭載した中古機を探すしか方法はありません。

さて明日は有楽町のインターナショナルオーディオショーにでも行ってみようと思っています。
その後、杉並公会堂でピアノとマリンバの共演コンサートに行きます。(先月末にレコードコンサートを行ったホールです)超弩級のオーディオを聴いた後でピアノとマリンバを近くで聴くのもいいと思います。


明くる日、インターナショナルオーディオショーに寄られてきた石田さんと杉並公会堂でお会いしました。高級機が勢揃いした、会場で鳴っていた音は、すべて横一線に並んだ音だったそうです。5.1チャンネルでなければ、立体的な音がでないようなサウンドで、鳴らしているのが現状のようです。オーディオ本来の目的は、音楽再生にあると思いますが、そうではなく音の差を楽しむのが、昨今のオーディオの楽しいになっているとしたら、本末転倒も甚だしいと嘆くのは私たちだけなのでしょうか?
by SD05club | 2006-10-22 23:08 | Sound Cafe
<< レコードコンサートのお願い パラゴンをマッキントッシュ27... >>