<< 12月のレコードコンサート 第三回目の那須のレコードコンサート >>

T.Uさんからお便り

サウンドデザイン代表 石田正臣様

日曜日の午前中にリスニングルームにお邪魔したT.Uです。温かいおもてなし、本当にありがとうございました。
SACD、CD、レコードの音の話や、CD再生専用機の話、クラシックファンと、ジャズファンの求めるものの違い、音楽を聴く部屋や、防音の有無、スピーカーのセッティングの重要性、100wバージョンと50wの本質的な差異、ソニーの出井さん、大賀さん、中鉢さん達のお話など、どのお話も目から鱗が落ちっぱなしで、非常に勉強になりました。

今、芸者ストリングスのCDを聴きながらメールを書いていますが、特に、あの3枚のCDを解説してもらいながらの比較視聴は大興奮でした!!演奏者が同じでも、録音するホールと、マイクのセッティングひとつで、あそこまで音が違うのですね。
“百見は一聴にしかず”とでも言いましょうか、理屈ばっかりこねて、いろんな情報を集めるより、まずは自分の耳で聴いてみるのが一番ですね。
b0098901_0112439.jpg


世の中に溢れるTV、雑誌、販売店、カタログ、インターネットなどの情報に翻弄されて、音楽を純粋に楽しむことを置き去りにして【オーディオの為のオーディオ】の沼にはまってしまわないよう、自分が【音楽を楽しむ】という目的を、ぶれないように持つことの大切さを改めて教えられたと思います。
それと同時に、石田さんがSD05を【これさえ買えば大丈夫、という魔法の小箱ではない】と仰っていた意味がよく分かりました。購入した暁には、自分の部屋とスピーカーに責任を持ち、じっくり機材(と言うより、SD05とMS1いう名の楽器)と付き合っていきたいと思います。

また都内で開催予定というレコードコンサートを楽しみにしています。日々、本格的な冬の到来を感じますが、風邪など召されないよう、お気をつけ下さい。それでは、失礼致します。
by SD05club | 2006-12-05 00:10 | 那須
<< 12月のレコードコンサート 第三回目の那須のレコードコンサート >>