<< 22日のジャズレコードコンサート 東京でのレコードコンサート 2回目 >>

21日のクラシックレコードコンサート

昨日は、40名以上のご参加を頂き誠にありがとうございました。遠方からも来られた方も居られました。重ねて御礼申し上げます。アナログ系統にアクシデントがあり、機材の調達等のトラブルで、プログラムの変更もあり、ご迷惑をお掛けいたしました。夜に入り大変盛り上がってきました。石田代表の歯に衣を着せぬ発言も、いいえ率直な、発言も飛び出しました。ご参加の皆様の甘い夢を覚ますようなお話もありましたが、昨日聴いて頂いたとおり、現行のCDフォーマットで充分だと思います。

b0098901_11172287.jpg
アナログレコードも、大変味わいよく掛かるのは、お聴きになられたとおりです。前段が真空管の場合は、あのように真空管の音がします。入力に忠実ですから、オーディオ道楽の終着点はいかにいいソースを手に入れるかですね。素晴らしいレコードと永年のレコード愛好家としての五辻さんの解説は、大変参考になられたと思います。五辻さんありがとうございました。
b0098901_939338.jpg

後半になって、ようやくいろいろな実験が出来ました。新しくお披露目された75Wバージョンは、どうやら良い方向に行ったようです。また、昨日ご参加の皆さんは上の写真をご覧になって、この配置では無かったと思われるかも知れません。昨日は時間が無くこの配置の実験が出来なかったのですが、終了後変えてみました。そして、残った人間が全員この方が、良かった!と言う声を聞き、少し後悔しております。今日のコンサートはこの配置で行います。
昨日来られた方で、もし、もう一度来ることが可能でしたら、この配置の音も是非お聴き下さい。昨日の整理番号で結構です。JAZZの合間にクラシックも掛かりますので。
おなじみになりました、PSD社のT2は、今回のレコードコンサートでも進化しています。今回はネットワークの見直しとともに、ツィーターも変更があります。以前の写真と見比べてみてください。でも、現在開発中のT3の方が今回の会場ではマッチするようですね。

重ねて、昨日お越し頂いた方に感謝いたします。また、お手伝いを頂いたファンクラブの会員のかたもありがとうございました。
願わくば、春になったら那須の試聴室にお越し下さい。また別の方法の試聴もファンクラブでは考えております。ありがとうございました。
by SD05club | 2006-12-22 09:30 | Sound Cafe
<< 22日のジャズレコードコンサート 東京でのレコードコンサート 2回目 >>