<< デジタルイコライザーの音 光ピックアップの交換について >>

デジタルケーブルの御礼

サウンドデザインファンクラブ御中

瑞穂のクレモナ/037です。

先週初め、待望のデジタルケーブルが届きました。さっそくこれまでのオヤイデ製のと交換して聴いてみました。一聴、スピーカーが変わったかのようにパワフルになったので、驚きま した。すぐに気づいたことは、

1、音が格段にエネルギッシュになったこと
2、楽器や声の力が強く、リアルになったこと
3、静寂度がいっそう増したこと
4、たとえばソプラノの声が、いままでは上の方に流れていくような感じだったのが、足をしっかり踏ん張っているかのように、定位するようになったこと

というような印象で、透明でなめらかできれいで、しかしどこか浅さや力不足を感じていたような音色が、しっかりした実体感あるものになっ たようです。
b0098901_10231514.jpg

ケーブルが届いたとき、その外見からみて、これほど効果があるとはじ つのところ予想していなかったので、望外な喜びでした。このケーブルづくりに携わった方々に本当に感謝します。

なお、最初は赤色の方をCD側につけていましたが、逆にしたところ、より伸びやかな音になったので、結局白をCD側にすることにしました。
これからエージングが進んでいくのでしょうか、どんなふうに熟成していくのか楽しみです。

瑞穂のクレモナ/037
by SD05CLUB | 2007-02-26 10:22 | Sound Cafe
<< デジタルイコライザーの音 光ピックアップの交換について >>