<< CDコンサートの印象 「T3」をSD05で鳴らすイベント >>

石田さんのご紹介したCD

b0098901_11432725.jpgARTUR RUBINSTEIN CHOPIN COLLECTION 
THE NOCTURNES  変ロ短調 作品9の1
1965年録音 RCA RCCD106
このレコードは1965年にイタリアのRCAスタジオで収録されたものです。録音機は76センチ3トラックです。CDはオリジナルテープから直接デジタルにマスタリングされています。ルービンシュタインは録音に大変熱心で、この録音に際してもモニタルームで自分の演奏がレコードになったときの聴こえ方を確かめながら七回も演奏の仕方を変え収録されたものです。


b0098901_1143159.jpgSAINT-SAENS 交響曲 第3番ハ短調作品78 オルガン付き 第1楽章の2
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 ジェイムズ・レヴァイン (サイモン・プレストog.)
GRAMMOPHON UCCG-4125 1986年録音
この曲はオーディオ的にもパイプオルガンの低音に乗った弦楽器の響きが素晴らしいものです。ジェームス・レバインは1980年頃から病気がちのカラヤンの変わりにベルリンフィルを指揮していたようです。CDの実現化に熱心だったカラヤンの影響かレバインも丁寧な録音が多いと思います。

b0098901_11431463.jpgVERDI AIDA 第2幕第2場 凱旋行進曲他
ウイーンフィルハーモニー管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン
EMI TOCE-11394 1979年録音
この頃のカラヤンは多くの歌劇を録音しています。このCDは東芝EMIのデジタル技術でリマスタリングされたものです。音質的には不満な面もありますが,歌劇の舞台の奥行き感や音楽そのものは生よりも楽しめる部分が多くレコードならではと思います。


b0098901_114645100.jpgVERDI 椿姫 第1幕 乾杯の歌他
バイエルン国立管弦楽団 カルロス・クライバー
GRAMMOPHON POCG-30149/50 1976年録音
同じくヴェルディの椿姫ですがグラモフォンのものです。最近のグラモフォンはバランスの良いCDを数多く出していると思います。カルロス・クライバーは工業大学で科学を学んでいたせいか??緻密で完璧な演奏をすると言われています。音楽家になってからは歌劇場の指揮者としての活躍が永かったようです。

b0098901_11455428.jpgニューイヤーコンサート2007 ラデツキー行進曲
ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 ズービン・メータ
GRAMMOPHON UCCG-1342/3 2007録音
最後は2007ニューイヤーコンサートからこれもグラモフォンでした。ラデッキー行進曲は解説の必要もありませんね!昔は指揮者が合図をしたら手拍子だったと思います、最近は手拍子しっぱなしです。
by SD05club | 2007-04-17 11:06 | Sound Cafe
<< CDコンサートの印象 「T3」をSD05で鳴らすイベント >>