<< 「T3」について 石田さんのブログから >>

ありがとうございました

6月29日のお茶の水でのコンサートにご来場いただきありがとうございました。あいにくの雨の中でしたが、沢山のご来場を頂き、関係者一同感謝しております。会員の方も多数お越しいただき、応援のメッセージを頂きました。
今回は、PSD社の「T3」と1200改造の発表もあり、いつものレコードコンサートではなく、よりオーディオ色の濃いものになりました。主催もサウンドデザイン社とピー・エス・ディー社としたのもその意味からです。三時半開演を目指して準備を始めましたが、音楽ホール向けとして作ってあるため反響が多く、オーディオの再生には残響や定在波の影響が有りました。
b0098901_1454875.jpg
急遽お向かいのオーディオユニオンさんから、反射板や木製ブロックをお借りして調整を重ねて、最終的にはお客様ご自身が吸音材になられて何とか聴ける音になってきました。それでも、今回の「T3」には少し大きすぎる部屋と残響が付きすぎでした。

第一回のお客様には、クラシックを中心に音を出していき、SPを鳴らし込んでいきました。今回は、「T3」の技術的な説明と、1200の改造とCDの器の大きさについてかなり詳しい説明が、石田さん、大山さんから聴くことが出来ました。予定していた一時間半を大幅に過ぎても説明が尽きず、二回目は比較的少ない人数でしたので、一回目の方でそのまま、二回目までお聴きになられた方もいらっしゃいました。

6時を回って隣のビルの工事現場の騒音が無くなったこともありますが、二回目の後半からだいぶ音が落ち付いてきたように思います。それにともない、石田さんの多岐に渡る話はとても面白く、普段訊けない制作現場の話や、SACD誕生秘話、CDの持っている器の大きさ、クロックアップの真実、デジタルケーブルでどうして音が変わるか、SPケーブルはバイワイアの場合ほとんど影響を受けないお話し、ACケーブルの意味、クリーン電源の意味、振動モード、筐体設計、新しい時代のCDプレーヤー等々、大変参考になる話が次々と出てきました。二回目の参加者の皆さんは大変参考になられたと思います。
b0098901_1253147.jpg

1200改造機と55改造機の比較は、興味深いことに一回目の参加者(クラシックがお好きで、比較的高年齢グループ)は1200改造機の音を好まれる方が多かったようです。二回目の方は、10歳ぐらい若返って40代の方々中心でしたが、半々でした。三回目の方々は30代ぐらいでしょうか?そして、オーディオ現役!?の方が多いようでしたが、このグループは55ES改の方を好まれたようです。全体では、半々と言うところでしょうか。大変興味深い結果が出ました。
それぞれの方々の、オーディオ感が現れたように思います。
by SD05CLUB | 2007-06-30 12:06 | Sound Cafe
<< 「T3」について 石田さんのブログから >>