<< 初心者にこそ使ってほしいSD05 はじめまして >>

50Wから100Wへ

ss/104です。2度目の投稿になります。50Wから100Wへ変更してしまいました。

そのきっかけとなったのは、6月の末にオーディオユニオンで開かれたT3試聴会でした。T3というスピーカーが非常に気になっていて一度は聴いてみたいと思い、この試聴会に参加しました。アンプはSD05 50Wバージョンがつながれていました。私のスピーカーはT3の音の傾向とは全く違うのですが、あの50Wの求心的な音の部分は共通していました。そのおかげで、家で聴いているのと同様の感覚でT3を聴くことができました。その結果は、すぐにでも欲しい! と心底、思いました。

しかし、です。一通り試聴会が終了したところで、気楽な気持ちでそばにあった75Wバージョンを聴かせていただけますか、とお願いしました。75Wがなり始めた途端、大げさですがガーンと頭を打たれたようなショックでした。音楽のなりようが違ったのです。複雑な気持ちでした。良いとか悪いとかという比較ではありません。咄嗟に頭に浮かんだのは、バッハの無伴奏チェロ組曲(いつも聴くのはMercury Living Presenceとして出ている1963年録音のシュタルケルのCDです)を集中して聴くなら50W、メンデルスゾーンのイタリア交響曲のような明るく開放された曲なら断然75W、これは自分の部屋でじっくりと聴いてみなければ、という思いでした。繰り返しになりますが音の善し悪しではありません、音楽のなりようの違いなのです。50Wの他にもう一台75Wが欲しいと痛切に痛切に心が動きました。(このときT3は頭のかたすみに追いやられていました、T3、ごめんなさい)

それで75Wにしたのかというと、そうではありません。100Wにいっちゃいました。50W100Wの中間というのが引っかかりました。100Wはまだ聴いたことがありませんから中間と言われても具体的に想像できません。これはまず100Wを自分の部屋で経験する必要がある、と思い定めたのです。100Wの変更をお願いしました。(しかし、出力の変更ができるなんて初めての経験です)

変更が完了し、100WバージョンのSD05が帰ってきました。最初にメンデルスゾーンのイタリア(アバド指揮)を聴きました。ウ、ン、何か変。続いて大好きなシュタルケルの無伴奏チェロをかけました。これも何かぴんと来ない。私にとっては改悪になったか、と心中穏やかではありません。冷静になろうと間をおいて再度同じCDをかけ直しました。明確にわかったことは50Wバージョンの解像度、情報量の多さが尋常ではないということです。これまで、50W以外に聴いたことがありませんので50Wの音をそのまま抵抗なく聴いていたのです。50Wの音に聞き慣れた耳には100Wの音はちょっと輪郭の甘い、ぼやけたような音に聞こえます。

しかし100Wの音に耳が慣れてくるに従い、自分の中での評価が変わっていくのが明らかにわかりました。100Wには100Wの世界がある、ということです。適切なたとえではありませんがあくまで印象として、50Wはnikonのレンズ、100Wはcanonのレンズのようです。

今はどうかといいますと、100Wにして楽しめるCDが増えたような、そしてよりいっそう音楽に関心が向くようになりました。さらにCDだけでなく、最近はBSハイビジョンの放送がとても楽しめるようになりました。50Wでは、何となくCDに限定して聴いてしまうというきらいがあったのですが、100Wではそのあたりはずいぶん許容してくれるような気がします。つまり、楽に、大らかに音楽に向かい合えるようになったということのようです。

今回の出力変更の結論は、SD05が2台欲しい、これにつきます。50W+T3でバッハを(最新の演奏ではないところが天の邪鬼) 、100W+JBL4344MK2(今の愛機、ビンテージとお思いでしょうが、とんでもない、実に説得力のあるスピーカーです)で手当たり次第に聴きまくろう、になれば最高! 待てよ、そうなると部屋はどうしよう、いっそのこと家を建て替えようか、なぁーんて妄想を頭に浮かべてしまうこの頃です。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

ss/104さん、面白いご投稿ありがとうございます。確かに50Wヴァージョンの情報量は尋常ではありません。時として入力の質を問われます。それが75Wになった瞬間、音楽が緩やかに流れ始めますね。当初は100Wバージョンだけでした。MS1やXA55ESの改造を行うようになって、40番台後半から50Wヴァージョンが出始めました。フルデジタルアンプの特別チューニング版です。その後、100Wより緻密で50Wより気軽に音楽を楽しめるという75W版をつくっていただきました。実際に聴く前は、どちら付かずの中途半端になってしまう懸念もあったのですが、結果は両方の良さを兼ね備えた両才兼備になり、現在の標準仕様になっております。もちろん、装置か部屋を二つ以上おもちの方には50Wと100Wを両方持たれるのが理想的ですが、普通は75Wで充分ですね。50Wから75Wに変更された方も複数おられます。
by SD05CLUB | 2007-08-08 00:03 | Sound Cafe
<< 初心者にこそ使ってほしいSD05 はじめまして >>