<< Rocky Mountain ... 新スピーカーとSD05・50W... >>

石田55ESプレーヤーにようやく巡り会い

黒磯Y/007です。
 9月の末、久しぶりに那須の弦楽亭でレコードコンサートを楽しみました。ホールの周りはすっかり秋の風情でした。今那須は街道脇のコスモスが見頃です。那須はこれからが紅葉本番です。秋になると音も澄んで聞こえるのはなぜでしょうね。

石田さんのレコード解説とオーナー夫妻+父の軽妙な語りとパバロッティの美声を堪能して帰りました。帰京するとなんとファンクラブからXA55ES当選のメールが届いていました。先ごろはXA1200を聴いて少し心が揺らいだ私でしたが、ここのところ仕事が忙しく少し離れていたところにこの連絡です。待てば海路の日和あり、とはまさにこのことを言うのでしょう。

一週間後の今、那須のドームハウスの別荘で石田55ESを聴いています。私にとっては4度目のSD革命です。(SD05の導入→50W→4mのSP間隔)何枚ものオルガンのCDを聴きました。土台がしっかりしていて、高く聳え立つ建造物のようです。SD05とXA55は最強のオルガン再生コンビではないでしょうか。

再生が難しく、棚の奥でひっそりと出番を待っていた1枚のCD。1967年録音のバルビローリが指揮したウィーンフィルのブラームス第4番。第2楽章冒頭の管楽器の典雅なことといったら!ブラームスのオーケストレーションの熟達さに舌を巻くばかりです。空間に音の隙間がないほどに緻密に音が織り込まれていきます。50Wがこれに大きく寄与していることは言うまでもありません。格段に多い画素数、なめらかで色彩豊か。しかも中抜けを全く感じさせません。

ようやく石田さんのリスニングルームの雰囲気になってきました。それにしてもSD05とXA55ESは口の中にふわっと広がる大吟醸の味わいにも似ています。石田さん、ファンクラブの皆さんありがとうございました。

* * * * * * * * * * * * * * * *

黒磯Y/007さん、素敵なお便りありがとうございます。秋の那須の雰囲気が伝わってきますね。XA55ESの配布にご応募いただいた方6名の中から、Y/007さんが抽選で当たりました。喜んでいただいて嬉しいです。二台の内の今一台は、改造・調整が終わり次第お送りいたします。XA55ESの重量感溢れる再生音は、MS1とは違った壮大な世界を再現してくれますね。
by SD05club | 2007-10-09 11:23 | Sound Cafe
<< Rocky Mountain ... 新スピーカーとSD05・50W... >>