<< 第2回目のファンの集い CDのご感想 >>

A&Vフェスタ2008

2月の23日から25日まで、横浜のみなとみらい国際会議場で2008年度のA&Vフェスタが開かれました。生憎、低気圧の影響で土曜、日曜と大荒れの天候でしたが、沢山の方のご来場をいただきました。415室のサウンドデザインブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。前回と違い会場の大きさや天井の高さが違って、音的には余りよい環境ではなかったのですが、ハードディスク内蔵のHD-1とSD05/50Wそして、PSDのT2との組み合わせでデモを行いました。
b0098901_10372452.jpg

改良になった「T2」はネットワークの見直しと、高インピーダンス化をはかり、能率的には落としたのですが、音離れは良くなり8Ωで実質25WSD05で楽々となっていました。ことさら気負うことなく自然で広帯域の音が鳴っている様に、聴衆の反応も良かったようです。もっとも、従来のようないかにもHiFiスピーカーが鳴っている感じは少なく、その点で、ファンの意見が分かれるのは当然ですね。
b0098901_10305143.jpg

今回の石田さんは、端的で淡々とした口調でようやく到着したサウンドについて語っておられたのが印象的でした。アメリカでの反応やT3で培ったノウハウも注入された、新しいT2のさり気ない音は、長くオーディオに携わっている人達にはとても、衝撃的でもあります。石田さんの「解る人には解る」という言葉の重さと思いっきりのよさに今回の音の凄さがあります。

聴衆の方や評論家の方々の印象はこのような会場で、静かな曲を良くデモに使われていますねと言うことでした。浸透力のある音はあのような会場でも良く聞こえてきますが、会場自体は前のホールのほうが天井や部屋の大きさがあり良かったです。今ひとつ気になったのは会場のS/Nの悪さです。あのような環境では、個性的な装置しか評価されないでしょう。一度、那須の静かな環境で同じ組み合わせを聴いてみたいと思いました。今回は、小さな会社にはより難しい情況になったようです。数百万円のブース代をを払える企業はどうしても限られますから、、。
b0098901_103135100.jpg

by SD05club | 2008-02-26 10:08 | Sound Cafe
<< 第2回目のファンの集い CDのご感想 >>