<< バージョンアップ+T4リミテッド バージョンアップを聴いて >>

バージョンアップSD05について

初めてお便りします。M.T/021と申します。

5月の那須の集いでは、ファンクラブ幹事さん、石田さん、大山さん、そして、参加された会員の皆様には、大変お世話になり本当にありがとうございました。とても、内容が濃く充実した時間を過せましたこと御礼申し上げます。関西から大移動になった今回の那須での例会参加は、今後のオーディオ音楽ライフの目標が明確になった旅でありました。

私がSD05を使い始めてもう2年7ヵ月が過ぎました。途中、100W仕様から50W仕様に変更していただいて、毎日音楽を楽しんでいます。那須では、バージョンアップ前・後のSD05を聴かせていただきました。私は厳密に両機を比較試聴した訳ではありませんが、あの時はバージョンアップ前のSD05の醸し出す雰囲気の方が好ましかった様に思います。

しかし、その後石田さんがトライされた今回のバージョンアップは、浅学な私が考えても理論的にとても正しい進化・深化だと思いましたので、バージョンアップをお願いしました。そして、1週間前の夜にバージョンアップされたSD05/021が届きました。この1週間を通じて感じたことを書かせていだきます。

最初に思ったのは、H.S/033さん、M.A/017さんがおっしゃっておられる様に、今回のバージョンアップの進化・深化の度合いは、これまでにない次元であるという事です。私は、かなりのベクトルにおいて、バージョンアップ前・後のSD05が奏でる音楽は別物だと感じています。もし、ブラインドテストであったなら、この音がSD05の物だとは思いもしなかっただろうと思います。それほど、音楽から受ける印象が違うのです。

バージョンアップ前のSD05は、とても人に優しいアンプで、セッティングにあまり固着しなくても、かなりのレベルでいい音楽を楽しませてくれるアンプだと思っています。しかし、バージョンアップ後のSD05はこの印象とは違いました。まるで車で言えばF1 (Formula One) みたいな印象を受けました。例えば、ちょっとした緩慢なセッティングでも的確に音として表現されます。これは誠に困った事柄で、自分の力量の無さこそが原因なのに、理想の音にならない責任を機器に押し付けてしまう危険性をはらんでいるからです。逆にセッティングがうまく決まれば天使が微笑みますが・・・。本当にこの差は、天国と地獄です。
b0098901_0403878.jpg
さて、1週間色々やってみて確信したのは、今までのスピーカーの位置では、このバージョンアップSD05の良さを、十分に発揮させられていなかったという事です。現時点での配置は、依然では考えられなかった部屋の場所にスピーカーがあります。(助言いただいたファンクラブ幹事さんには本当に感謝いたします)。

それで、全く違和感無く素晴らしい音場感が出現し、それぞれの位置で楽器や人の声が音楽を楽しませてくれるのです。これは、本当にすごい事です。今までこの自然で違和感のない音楽が鳴らなくて、機器変更やセッティングを色々と試行錯誤しながらやり、そして、随分散財してきたのに・・・。今まで本当に遠回りをしてきた思いです。しかしSD05に出会ってからは、妻の頭に角が出るくらいの散財や試行錯誤時間の無駄はありませんが・・・。

バージョンアップ後のSD05の音については、人それぞれに感じ方に違いがあると思いますので、とにかく気になる方は体験すべきです。私には、皆様にこの音をうまくお伝えする適切な言葉・表現が思いつきません。本当にすみません。そして、前文に矛盾するかもしれませんが、皆様がお持ちになられる今のSD05に満足されておられる方は、今しばらく時間が経ってからでも遅くはないと思います。何回も申しますが、私には、どう聴いても、そして実際に使用しても別物のアンプとしか思われませんので・・・。

最後に私は、今後も、バージョンアップSD05との格闘(自己研鑽)が続く事でしょう。でもそれは、決して辛いものではなく、楽しいものであることをお伝えし終わらせていただきます。

そして、ファンクラブの皆様、今後もご指導よろしくお願いいたします。                                          
M.T/021
by SD05club | 2008-07-19 00:41 | Sound Cafe
<< バージョンアップ+T4リミテッド バージョンアップを聴いて >>