<< T4発表会とSD-05ver... SD05バージョンアップとT4発表会 >>

バージョンアップの感想

皆さん、こんにちは。HY/098です。 
ファンクラブに投稿するのはこれで3回目、バージョンアップの驚きを皆さんに伝えたくて久々にペンを取りました。

バージョンアップの情報は那須でのファンクラブの様子から垣間見る程度(今年は参加出来ませんでした)、ネガティブな意見もあり、これは様子見かと思ってました。

ところが、H.S/033さんの感想がブログに載った辺りから、ムクムクとバージョンアップしたい病が湧き出してきて、、、、 まだ正式なバージョンアップのアナウンスは無かったのですが、気が付けば石田さんに予約のメールを即効で出していました。

私がバージョンアップに期待したことは、、、、

当初75W、後に50Wに変更と2種類のSD05を鳴らしました。皆さんも体験上で理解されているかも知れませんが、W数が小さくなるに連れて音の密度が濃くなってくるが音場の広がりは小さくなる感じを受けます。以前から50Wの音に75Wの音場の広がりが得られればと思っていました。

まさに、この思いが今回のバージョンアップに対する期待です。結構多数のオーナーがこの思いを抱いていたのではないでしょうか?

7月22日発送して26日に戻ってきました。早速聴くかと思いきや、こういう時に限ってトラブル発生です。野暮用を済ませて結線を終えたのが夜の9時過ぎ、、、 簡易防音のオーディオルームでは9時以降はごく小音量で ← これは家族との約束ね

この小音量時に於いても十二分にバージョンアップの効用が聴き取れました。第一印象は“あれ!?、ボリュームの位置を間違ったか” でした。ボリューム位置に比べて音量が大きく聴こえます。 いや大きいと言うより、ハッキリと聴こえると言った方が良いのかもしれません。

とにかく小音量時の満足感が非常に強い。ボリュームを絞っても音像、音場がしっかりと形成されているのでしょう。これは、色々な要因が絡み合っていると思いますが、ようは音の密度が上がっているのかな?
b0098901_9224619.jpg
期待は益々膨らみ2日目へ、、、2日目は朝の7時から休憩を挟みながら約10時間に渡って聴きました。というか楽しんだと言うべきか!

いや、これは、何方かも言っていますように別物です。 ここまで進化しているとは、、、 オーディオ的に言えば、情報量の増大、音場の広がり、音の柔らかさ、音像の濃さ低音の締まり、音離れ等々 全ての面で進化を遂げています。

まず気が付くのは、音の広がりもそうですが、SP間の音数(情報量)が増えている事です。それと、音触(菅野大先生が使っている)が柔らかく、柔らかく感じます。
 
また、柔らかくと相反するかもしれませんが、各楽器の音像が色濃く描かれているのが分かります。特に金管楽器の音の広がり方によりラッパの主張を感じさせます。 トライアングルの消え際も絶妙ですね。
b0098901_9234392.jpg
今もパソコンでこの文章を作成しながら小音量で聴いています。背筋がゾクっとすること多数です。この背筋のゾクを求めてオーディオをやってきたのかもしれません。

巷では、音楽的なアンプ、オーディオ的なアンプと色分けされているようですが、アンプにそんな種類は無いと思っています。ただあるのは、好みの音が鳴るアンプとそうでないアンプだけです。(人夫々に)
 
私は自分好みの音を求めてSD05に行き着きました。そしてバージョンアップでその感を一層強く受けています。 
選択は間違っていなかったと、、、、

HY/098
by SD05club | 2008-08-01 09:21 | Sound Cafe
<< T4発表会とSD-05ver... SD05バージョンアップとT4発表会 >>