<< SD05 バージョンアップの感想 T4 Limited 来たる >>

T4/Limited来たる 第二信+追伸

スタンドで一応満足がいく結果が出ましたが、今度は床に直置きを試しました。最初は御影石を敷いて試しました。しかし、響きが痩せて金管が鋭くなりボーカルは口元が小さくなりますが、響きが少なくなり豊かさがなくなりました。再び床にじか置きして、SPの前の支えを木片から鉄アレイにかえてみると具合もぐっと良くなりました。

ここで、再生機器を最小限にSD05とHD1のみにしてあとの機器は全て後方に移動させました。おかげで見通しが良くなりずっと合わせ易くなりました。

ここから、Spの位置を追い込みましたが、大変でした。大体の目安は判りますが、1mm位でボーカルの表情が変わります。3mm位でステレオ感が崩れてしまいます。怖くて一度きまりかけるともう動かしたく無くなりました(笑)
b0098901_19281516.jpg

そこで、ポール・サイモンやユーミン等の声を1本のSPで鳴らし音質を確認して2本のSPをまず前後調整して、左右調整しました。視聴位置に移動せずとも、ボーカルの声質はその場で合ったかどうか判るようになりました。2本のSPが合成する例えばボーカル等はどこで聞いてもその音質で響くみたいですね。しかし、左右前後調整してもまだ何か少しオカシイ、そうですSPの傾きがほんの少しずれておりました。合わせるとこれまでで一番文句の無いステレオ再生が現れました。

2本のSPが決まるとどんな曲も良く再生できているのが判ります。サイモンとガーファンクルのデジタルリマスター明日に架ける橋の全ての曲が満足に再生できます。このCD全曲すべて満足に再生するのはなかなか難しいと思います。また2人のハーモニーの再生なかなか満足できないのですが、モニターで決めた音声はきっとこうだろうと思うほどです。

ただスタンドに載せてで聞いたときに比べ、オケの後方展開が浅くなったような気もしますね。しかし低域の響きはかなり豊かになり、部屋中に音場が広まります。75wのSD05でもいけますね。低域の不足はまったく感じません。GRFで確認すると余計な低域の響きがGRFからかなり出ているのが判りました。

これは他のことにも言える事ですが、オーディオは、固定観念や偏見を捨てて無心になって調整に携わることが必要なのかもしれないです。

今日も一日オーディオに明け暮れましたが、満足しております。一応散らかった部屋ですが写真を添えます。まだまだ物(邪心)を減らさねばなりません。

H.K/074

追伸

ただスタンドに載せてで聞いたときに比べオケの後方展開が浅くなったような気もしますね。しかし低域の響きはかなり豊かになり、部屋中に音場が広まります。75wSD05でもいけますね。低域の不足はまったく感じません。


これ撤回します。調整の結果、ほとんどのオケが後方展開し、後方部屋いっぱいオーケストラが鳴り響きます。もうコンサート行かなくて良いぐらいです。

家族を呼んで確認してもらうと、「これって後ろのSPが鳴っているの?」家族3人が横一列に聞いても同じコンサートを聴いてるみたいです。前のSPが鳴ってるなんて家族誰も信じませんでした。

このSPでこの様に鳴らないクラッシクCDも有りますが、HDから消したいです。
きっと録音が良くないと思います・・・と思わせるくらいです(^^;

いやーとっても良いSPとその配置方法まで教えて頂きありがとうございました。

                        
by SD05CLUB | 2008-08-10 19:29 | Sound Cafe
<< SD05 バージョンアップの感想 T4 Limited 来たる >>