<< クリスマスコンサート フルセットの感想です >>

弦楽亭のレコードコンサート

この週末は、秋が深まってきた那須の石田さんの試聴室を大山さんと一緒に訪ねました。
b0098901_18363184.jpg
二週間前に寄ったときより紅葉が進み、この一週間が紅葉の見所だそうです。今年は例年より暖かいらしく、紅葉の色が今一さえませんが、それでも一雨ごとに秋が深まっていくようです。
b0098901_18393275.jpg
大山さんが、新しいSPスタンドを持ってきてくれました。今までより音離れがよく、音楽が堂々と鳴るようです。高さと独特の保持の違いでしょうか。T4のBasicタイプも、エージングが進み、音の一体感が増してきました。いつもながらスケールの大きさにビックリです。

b0098901_18443622.jpg

午後は那須の石田さんの試聴室のそばにある、弦楽亭でのレコードコンサートにお邪魔しました。ファンクラブの集いでもいつもお世話になっています、弦楽亭は100名ほどの小ホールです。今回のレコードコンサートで創立4周年になります。おなじみのレコードコンサートも8回目を数えました。那須在住の方々が、週末の午後、ゆっくりとレコードコンサートで楽しまれています。
b0098901_1944354.jpg

今回は、いつものSONYの大型SPの替わりに、遙かに小型のT4でホールを鳴らしてみる試みです。アンプもいつもは100Wバージョンなのですが、今回は敢えて50WのVersionUP機で聴いてみました。試聴でもホール一杯に音は鳴り響き、いい結果でご満悦の石田さんです。
b0098901_1912997.jpg
楽しいオーナーの前嶋ご夫妻の楽しい曲目説明からコンサートが始まりました。ヴァイオリンの演奏家でもある奥さまの曲目解説は、実際に演奏される側からの説明で参考になりました。
b0098901_18494468.jpg
今回の曲目は、第一部はモーツアルトの交響曲第41番「ジュピター」・ストラヴィンスキーのバレー組曲「火の鳥」、そして暖炉に火が入った第二部はホルストの組曲「惑星」の全曲演奏でした。T4の音は、段々調子を上げていき、惑星の演奏では、実際のオーケストラが並んでいました。特に低音部の迫力はすごく、終わってからも前嶋さんが、SPの大きさを示して、とても信じられないと驚いておられたのが印象的でした。
b0098901_1850448.jpg
4周年記念にご馳走になった奥様のイチジクとブルーチーズのクラッカー、お母様の林檎ジャムのクラッカーがとても美味しかったです。美味しいワインと共に暖かい暖炉の前でゆっくりと時間が過ぎていきました。音楽がこれだけ鳴ることに参加の皆さんも驚かれていました。
by SD05club | 2008-10-26 18:58 | Sound Cafe
<< クリスマスコンサート フルセットの感想です >>