カテゴリ:石田さんから( 25 )

ご会葬御礼

夫 石田正臣は、平成二十五年八月二十三日に六十七年の生涯を閉じました。

オーディオ一筋、六十七年の生涯のうち四十九年、オーディオに打ち込んできました。多くの方の助けをいただきながら、自分の信じる「音」の道に、技術で厳しく挑んだ日々であったと思います。

オーディオラックはもとより、リスニングルームである那須高原のログハウスもハンドメイドで建築。どのようなものでも「自分で作る」ことがモットーの人でした。

仕事以外でも多くの趣味を持ち、当時最年少の中学生でアマチュア無線の免許を取得。ギターやピアノの演奏に始まり、ラジコン飛行機や天体望遠鏡の製作、流星観察旅行に家族を連れて行ってくれたりもしました。

ゴルフや登山、スキーなどを楽しみ、家族でテニスをするときは子供が相手でも本気のプレー、たとえ遊びであっても全力で取り組む人でした。

子供たちには常に「自分で調べなさい」「自分で考えなさい」と簡単には答えを与えずに、自分の背中を見せてきたことが思い出されます。

時に頑固、時にわがままでもあり、皆様にも多々ご迷惑をお掛けしたことと思いますが、信念を貫く姿は家族の手本であり、今となっては「生きる」ということの意味を教えてくれたようにも思えます。

今年5月に病気が見つかった後も気丈に治療に取り組み、7月までは一人で車を運転し那須高原のリスニングルームへ通っておりました。

一方で「やりたいことはすべてやってきた。心配事は何もない」と繰り返し言っておりました。

わかれはつらいものですが、前を向いて笑顔で送りたいと家族一同思っています。

皆様のご厚情を賜り、実りある人生を送らせていただいた夫にかわり、深く感謝申し上げます。

平成二十五年八月二十六日

喪主 石田 繁代
by SD05club | 2013-08-27 20:28 | 石田さんから

石田さんからのお便り

001/石田です。
たいへんご無沙汰してしまいました。

SD05の生産終了のお知らせから3ヶ月、ご注文が集中して少しばかり忙しい日々を過ごしました。
それでも7月末には最後のセットをお客様にお届けして、無事にSD05の生産を終わることが出来ました。

発売直後から応援して頂いたファンクラブの幹事さんやそのお仲間、関係者の方々にお礼を申し上げます。

2005年秋発売の翌年、06年春にはファンクラブのブログが開設され多くのオーナーの感想やご意見が掲載されました。寄せられたお便りはオーディオの技術的な問題からライフスタイルまで様々な内容でした。

そして、飾り気の無い素直な表現の感想などを参考に新たにオーナーになられた方が大勢おられます。お客様からのお問い合わせメールは大半が『ブログをいつも楽しく拝見しています』で始まるものでした。

2005年秋の発売から4年が経過した現在、200名近いオーナーがおられます。当初は100台限定でスタートしたのですが勢いが付いて2倍の台数になってしまいました。生産の終了を残念がるお便りなども頂き嬉しい限りですが何とも仕方がありません。

無名のガレージメーカーが200台ものSD05をお客様にお届けできたのはインターネットによる情報の伝達にあったと思っております。ファンクラブのブログやオーナーが開いているブログの力が大きかったと感じております。東京を中心に行った御茶ノ水での試聴会、杉並でのレコードコンサート、那須での懇親会などの模様を伝えるなどをして頂きました。

ファンクラブのブログは、SD05の生産終了を機に、少しばかりスタイルを変えて継続すると伺っております。オーナーの皆さんが情報の交換などを通じてより楽しいオーディオ音楽ライフの参考になるような場になればと願っております。

オーナーの皆様には日々音楽をお楽しみのご様子などファンクラブにお便りを頂けます様お願い致します。

b0098901_2252249.jpg


*********************************************

石田さんから、ファンクラブのブログを通じて、御礼のメッセージが寄せられました。4年間、200台にもおよぶ生産をお一人でこなし、CDプレーヤーやHDDプレーヤーの改造もされる、大車輪のご活躍でした。

石田さんが、何よりも願っていたありのままの音楽が鳴るシステムが、大山さんの一連のSP開発と相まって完成したと思います。200名近いオーナーが、お好きな分野の音楽をそれぞれ楽しまれていることが、石田さんの、そして我々応援団を大変温かい気持ちにさせてくれています。

石田さんには、4年間待っていただいたご家族との時間を過ごされて、また、新たなアイデアで斬新な提案をしていただきたいと願っています。

なお、SD05は生産終了はいたしましたが、バージョンアップや仕様変更など、これまでどおりお受けしていますので、石田さんまでご気軽にご連絡ください。

また、その後の皆様のその後のご様子なども、お気軽にお知らせください。
by SD05club | 2009-08-27 22:42 | 石田さんから

懇親会では

001/石田です。

木曜日の午後から開催されたオーナー懇親会には平日にもかかわらず多くの方にご参加いただきありがとうございました。

日常とは違った、響きの多い大きなホールと、響きの無い小さな練習室の音の違いに戸惑われたと思います。また、問われるままに色々なお話をしてしまったので混乱された方もおられたのではないかと今になって気になっております。
b0098901_21461734.jpg

今回は皆さんで会話を交わしながらの試聴ができたことで同じ音楽、音を聴いていても個人によって聴こえ方が違うことに気が付かれたのではないでしょうか。話のなかでもあったように音楽を聴いているのは脳なのです。普段の環境、経験、目指すところによって違って聴こえるのは普通のことです。音を言葉で表現して伝えるのは難しいことがお分かり頂けたのではないかと思っております。

技術の部分では説明が不十分で申し訳ありませんでした。この場を借りて細くさせていただきます。

光ディスク(CD)と磁気ディスク(HDD)の違い、マルチビットと1ビットのお話をしました。どちらも1か0を読み書きしたり伝達したりするものです。データ(数字)を扱う原理としての優劣はありません。問題はそれらを実行するにあたっていかにハードの負担を少なくして安定に動かせるかにあります。

そして、重要なのはアナログに変換するときです。マルチビットのままアナログに変換しようとすると14ビットで約1と1/16000の量を同時に扱わなければならず、これらを正確に扱うのは困難なことです。これに対して1つの決まった量を高速で足していくほうが正確といえます。CDが登場した頃は困難だった高速処理が可能になって1ビット処理が多くなりました。

高速処理技術はPCの進歩によって飛躍的に向上しました。オーディオの分野でも大いに恩恵を受けています。いずれの場合も時間の精度が重要なのはいうまでもありません。小音量の再現性もよくなった現時点ではレコードで音楽を楽しむのにCDで十分なのではないでしょうか。

皆さん大いに音楽を楽しんでいただきたいと思います。
by SD05CLUB | 2008-09-20 21:59 | 石田さんから

Version upについて

石田/001です。

マスタークロックのバージョンアップを始めて一月ほどが過ぎました。
すでにVer.up機をお使いのオーナーは20名を超えております。
多くの方からご感想などをお寄せ頂きました。ありがとうございます。
表現の違いはありますが、皆さん満足しておられるようで一安心といったところです。

この手の問題にはいつも『なぜもっと早く出来なかったのか?』といった質問がよせられます。マスタークロックに使っている発振器の精度向上だけならば特に新しいことは無いといってもいいでしょう。いつでも出来たことかも知れません。

しかし、単純にやってみても結果が付いてきません。聴く人を含めてシステム全体のレベルアップが必要だったようです。何事もそうですが、その時々の気運が左右しているのかもしれません。今回は、那須でのファンクラブ例会での多くの方の実践的な感想を元にバージョンアップできたことが良かったのではないかと思っています。

さて、バージョンアップ後の音楽の変化ですが、皆さんの感想を総合すると『音楽的S/N』が向上したようです。大変に抽象的ですが他に表現の方法がありません。ともあれ、皆さんさらに音楽を楽しめる方向に行っていることは間違いないようです。
b0098901_22293454.jpg
b0098901_22264832.jpg

小型スピーカーT4は理屈抜きに楽しいです。大型のT3と聴き比べたりして思うのは、T4の開発段階で「邪魔な高音」はすでに解決しているのかもしれません。小型で持ち運びか自由に出来ますから今までのセオリーにとらわれず色々とやってみることができます。那須の試聴室では、しばらくはT4が主役になりそうです。

************************

有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣
by Sd05club | 2008-08-20 22:24 | 石田さんから

ありがとうございました

石田/001です。

御茶ノ水で開催したPSD社のスピーカー『T4とSD05 Ver.up機』の発表試聴会には大勢の方においで頂きありがとうございました。

特に第一回目は予約の方で満席になり、フリーでおいで頂いた方には隅っこのほうで聴いて頂くことになってしまいました。それでもホールいっぱいに響いた音楽に満足して頂けたと思っております。

すでにご感想を寄せられた方もおられます。創り手としてはお聴きになられた方々の感想は大変に参考になり、また励みにもなります。そして遠方にお住まいで、試聴会に参加できない方々への良いメッセージともなります。

ご感想をファンクラブにお寄せいただきますようお願いいたします。

今回の試聴会開催にあたり会場の手配などお世話頂いたオーディオユニオンの朝倉さん、機器のセッティングやオペレーションをお願いしたファンクラブ幹事の北川さんにお礼を申し上げます。

猛暑が続いております。
体調に気をつけてお過ごしいただけるよう願っております。

************************
有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣

b0098901_1439122.jpg

by Sd05club | 2008-08-04 10:10 | 石田さんから

邪魔!?な低音

一昨日のファンクラブにPSDの大山さんからT4に関するかなり詳しい内容が掲載されました。この中で低音についての記述が多く書かれているので興味をもたれた方も多いと思います。オーディオを趣味としているものにとって低音の再生は大きな目標でもありまた難問でもあります。日々、低音と格闘している方も多いと思います。

オーナーの集いではリスニングルームの低音についていくつかの質問がありました。ここではいくつかのポイントを紹介します。

ログハウスの床面積は20.6平米で幅3.4m奥行き4.8mです。リスニングポジションの背面壁にはほぼ全面にカーテンが吊ってあります。3人掛けのソファー部の頭が来る辺りのカーテンの裏には吸音板がつるしてあります。2m×0.6m厚さ5センチほどのグラスウールを木枠にはめたもので特別なものではありません。室内の音響調整材はこれだけです。

さて問題の低音ですがログハウスの床は3.5センチ厚の赤松の単版張りです。現在では木が枯れてきて隙間ができるくらいのゆるさです。足で踏みつければドスンと振動します。詳細はホームページの『リスニングルーム建設記』をご覧下さい。
b0098901_204509.jpg

スピーカーから出た低音はこの床を振動させます。この床振動が低音のエネルギーを吸収しているのです。床は振動しないほうが理想的ですがそれではエネルギーの行き場所がありません。エネルギーは何時までも部屋の中に滞留してしまいます。

リスニングルームでは床の振動で吸収されたエネルギーは床下に放出されます。ポイントは床下です。床下には断熱材が貼ってあり、その下は傾斜した地面です。放出されたエネルギーは地面と空間に消えていきます。那須リスニングルームではこのような条件の下にストレスの無い開放的な低音が得られていると考えています。

一般の住宅では低音の処理を考えずに低音を出すと大きな問題を抱えてしまいます。そこで『邪魔な低音なら無い方が良い』と割り切るのが音楽を楽しむポイントではないかと考えたわけです。どの程度の低音かは部屋によって大きく変わるのでなんともいえません。ログハウスの広さで通常なら40Hzは無理でしょう。ホームページの 『特性測定結果』をご覧下さい。この時点では無意識に書いたのでしょうが『邪魔な低音.....』の記述があります。

PSDの大山さんは何度と無く那須を訪れ『邪魔な低音』の意味を理解されていったのではないかと思っています。T4の完成までもう少しです。ご期待下さい。

有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣
by SD05club | 2008-06-01 06:38 | 石田さんから

石田さんより

先週末に那須リスニングルームと弦楽亭で開催されたオーナーの集いは大勢の方に参加していただき無事に終わることが出来ました。お手伝い頂いたご近所のおなじみお二人の加藤さんありがとうございました。夕方からは弦楽亭での弦楽四重奏コンサート、雨が降り出して湿り気が出てきたホールでは柔らかな楽器の音でつつまれワインの入った一部の方は夢心地のようでした。あとで『オーディオだと眠くならないのだけれど生では.........』とおっしゃっていました、なんとなく判ります。

弦楽亭を出る頃は雨が本降りに、夜になって再び弦楽亭に集合、シャンパンで乾杯をしてスタートです。ここでのシステムはNAC-HD1とSD05そしてSS-1EDです。聴いたり飲んだりしゃべったりで大いに盛り上がり夜が更けていきました。

翌朝、降っていた雨も9時ごろには上がり薄日も出ました。皆さんコーヒーとパンを片手に早速リスニングルームで聴く人、デッキでゆっくりする人、オーディオ談義に熱心な人、オープンにしたビートに乗って走っていく人。皆さんそれぞれに楽しんで頂きました。
b0098901_8543793.jpg
今回の集いではPSDの大山さんが進めていた期待のT4が披露されました。最終仕上げ前の黒い外観に似合わず優しく音楽を奏でました。そして小型スピーカーの課題の低音論議がひとしきりです。一年前よりずっと安定したT3の豊かな低音は少しだけ『快感オーディオ』になっているのかもしれません。T4のデビューもあと少しです。ご期待下さい。またマスタークロックに手を加えたSD05を聞き比べて頂きました。これは好みが分かれました。今回は技術的に良いと思われることが直接結果に繋がりませんでした。結論を出すのにはもう少し時間が必要なようです。

あっという間に時間が過ぎました。皆さんお帰りになったあとはいつもの静かな那須リスニングルームです。聴こえるのはウグイス、カッコウ、ホトトギスなど小鳥の鳴き声と林を渡る風の音です。

幹事さん初めオーナーとそのお友達の皆さん、那須においで頂きありがとうございました。
by SD05club | 2008-05-28 08:54 | 石田さんから

大阪での試聴会

石田です。

先週の大阪での試聴会にはSD05のオーナーが3人おいでになりました。メールでやりとりしたこともありますので、始めてお会いした感じがしませんでした。寒い中おいで頂きありがとうございました。

ところで、一昨日のブログをご覧になったオーナーの方から『音はどうだったんですか?』との質問を受けました。肝心の音のことを書いていません。その訳はSS-AR1とHDDコンポです。

今回用意して頂いたスピーカーは、ソニーが数年かかって作り上げた力作です。一昨年のA&Vフェスタで発表されたもので、そのときは音出しをしていませんでした。大きなイベントで、広い会場を使って鳴らすのは今回が初めてでしょう。先入観なしでソニーのブースでお聴きいただいたほうが良いと思っています。

もう一つはHDDコンポです。私自身、使い始めて日も浅く、確かめたいことがまだまだあります。デジタル出力を改造してあることも考慮してブログで書くのは控えました。A&VフェスタではサウンドデザインのブースでHD1も使用します。会場で是非お聴き頂きたいと思っております。

週末には自称評論家さんたちが感想をいっせいに発信することと思います。A&Vフェスタにおいでいただけない方には申し訳ありませんがしばらくお待ち下さい。大宮のPSDの試聴室と那須の試聴室ではHD1を常設してございます。二月は冬休みをいただいていますが、三月になったら冬眠から明けてオープンいたしますので、お越しをお待ちしています。

有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣
by Sd05club | 2008-02-20 17:49 | 石田さんから

大阪試聴会のお知らせ

SD05の試聴会のお知らせです。

これまで沢山の方からご希望が寄せられていた大阪での試聴会を開催いたします。場所は日本橋の「ジョーシン日本橋1ばん館」店です。

ソニーとのジョイント試聴会として、スピーカーシステムSS-AR1をSD05で鳴らします。スキャンスピーク製のユニットを使いキャビネットの素材、形状にこだわった作品です。設計者は、石田さんの精神を引き継がれ独創的な製品を作られている加来さんの作品です。関西の方は是非お越し下さい。

場所 ジョーシン日本橋1ばん館
 
日時/2月17日(日)
1回目 PM2:00〜3:30 ◆2回目 PM4:00〜5:30
会場/4Fリファレンスルーム

予約が必要とのことです。
詳細はこちらをご覧下さい。

石田さんは、前日から大阪入りされるそうです。当日も、4階におられますから、視聴時間以外にも色々ご質問のある方はお訊き下さい。使用されるCDプレーヤーは1200ESとHD1を予定されています。両機とも石田さんによってクロックアップ等の改造をうけています。音の差を確かめてください。
b0098901_11431046.jpg

by SD05club | 2008-02-12 10:48 | 石田さんから

それぞれのオーディオ

オープン以来、多くのお客様がリスニングルームにおいでになりました。すでにSD05をお使いの方も含め、リスニングルームでお聴き頂いた感想は人様々です。

持参されたCDを聴いて、一様に音場感が違うことに驚き、次ぎにいつも聴いておられる音に比べ、色づけが少ないと感じるようです。そして、求める音色については皆さん好みが異なります。共通しているのは、吸音材などで音響処理をしていないログハウスにもかかわらず、余分な音が付加されず自然に展開する音楽に驚かれることです。

これはフィードバック(NFB)を使わないDAC形式のSD05の特徴によるものであることは言うまでもありません。またデジタル出力専用に改造したCDプレイヤーの埋もれない情報量の多さにも驚かれます。

SD05は技術的には『何も足さない、何も引かない』が基本になっています。オーディオアクセサリーなどを使っていない那須リスニングルームの音は、サウンドデザインが目指しているオーディオ音楽の一つの結論だと考えています。その意味では、業務用の機器の音質にも似通っているのかも知れません。その意味に置いて、ホームオーディオとしては、別の課題があることも感じています。

ここ1月の間に那須のリスニングルームには6名のお客様がおいでになりましたが、そのなかで考えさせられる感想を寄せられたお客様がおられます。その方は、長年オーディオを追求されてお出ででかなりの機材をお使いの本格オーディオの方です。

その方のご感想は、いろいろな方向性を考えさせられる切っ掛けとなりました。目をつむって試聴するとしているとT3ではオーケストラがそこに現れる、余りのリアリティの見事さに驚くのですが、一緒に聴いたスターリングでは、音が出てこないことにより、逆に様々なイメージが湧いてきたといっておりました。

CDというメディアの高い位置での限界も感じたそうです。しかし、限界を理解して楽しむには、それぞれの人間にふさわしい方法がありそうです。今回は大変有意義な試聴になり音楽と自分のあり方について、オーディオシステムを介して考える、いい機会になられたと仰っておられました。そのご感想がお帰りになられて、私自身で考える切っ掛けとなりました。

レコードで音楽を楽しむためには『何も足さない、何も引かない』ではなく、何かを引いたり足したりすることが必要と感じています。これまでのオーディオ機器をたくさん使ったシステムでは、色々なものが足された結果、各人が好む音色になっているのでしょう。そして足されれば足されるほど自然なサウンドステージは失われていると考えられます。SD05でしっかりしたサウンドステージが構築できたら、少しだけ何かを足してみたり、引いてみるのも良いのではないでしょうか。

『弦楽亭』でのレコードコンサートではホールの響きの良さでなにも足さなくてもお客様には満足頂いております。人の心に直接訴える何かが、大事なヒントがすぐそこまで来ている予感があります。

那須はこれから本格的な冬支度です。この冬は、その点を考える三年ぶりの冬ごもりになりそうです。
お時間がありましたら那須まで脚を伸ばしてください。お待ちしております。

有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣


事務所 〒262-0025千葉県千葉市花見川区花園5-13-2
リスニングルーム 栃木県那須郡那須町高久丙1147-577
FAX 043-273-4067 携帯 080-3080-7763
by SD05club | 2007-11-14 22:24 | 石田さんから