カテゴリ:SD05について( 3 )

取扱説明書

SD05が製造中止をしてから、もうすぐ5年を迎えます。長くご愛用されている方は最近はオーディオの方にはご無沙汰で、音楽を聴く方に専念されているようです。また、SD05の音を聞いて、生の演奏会に通われる方も増えてきました。石田さんが聞かれたら、大変お喜びになられると思います。

最近中古機で、購入される方も増えてきました。中古市場でもほぼ定価で取引されているのは、嬉しいような、困るような感じですね。その新しいオーナーさんから、取扱説明書が無いかとのお問い合わせがございました。

おもちの方を探しまして、お借りすることが出来ました。石田さんが懇切丁寧に説明書を書かれています。おもちの方も、是非今一度お読みになると参考になるかもしれません。新しい方は是非、ご熟読されてください。

b0098901_1583286.jpg

b0098901_2122100.jpg
b0098901_1591016.jpg

b0098901_233359.jpg

b0098901_224834.jpg

b0098901_235549.jpg

b0098901_241729.jpg

by sd05club | 2014-03-06 02:07 | SD05について

SDFC サービスセンターからのお知らせ

生前に石田さんが、設立されたSDFCサービスセンターが、皆さんのご支援をいただき、順調に稼働致しております。現在行っていますサービスは次の通りです。

SD05関係

1.修理
2.調整・オーバーホール
3.出力変更
4.クロックアップ

HD1/MS1関係 (SD05をおもちの方に限ります。)

1.クロックアップ
2.調整(オーバーホール)

※HD-1およびMS-1の修理は行っていません。
クロックアップをご希望の方は、予備の機械を揃えるかご自分のリスクでお願い致します。

費用は、基本料金+技術料+部品代です。個別の費用についてはお問い合わせ下さい。

SD05の出力変更(50W化)とクロックのヴァージョンアップはお薦めです。

注意:内部を開けないで下さい。シャーシーの締め付けひとつでも音は変わります。サービスセンターでは、石田さんのご指導の下、おなじ治具を使用して調整をしています。

SD05を中古で入手された方は、一度オーバーホールされることをお薦めします。
オリジナルのSD05の音を楽しんで貰いたいからです。

お問い合わせは右のメールアドレスまで。
by SD05club | 2014-01-15 12:44 | SD05について

無帰還へのこだわり

無帰還へのこだわりをデジタルで達成 
(JASジャーナル・2005年より)

サウンドデザインでは昨年から進めておりましたデジタルアンプの設計が完了し、2005年9月より受注を開始いたしました。モデル名はSD05です。

ここではSD05の概要と特徴、無帰還にこだわった背景を簡単に解説いたします。サウンドデザインのデジタルアンプは、ソニー(株)が開発したs-masterプロセッサーをコアにした負帰還のないアンプです。技術的には増幅器の構成をとっていないので、スピーカーを駆動できるD/Aコンバーターです。一般的にスピーカーを駆動するものをパワーアンプと呼んでいることから、ここではデジタルアンプと呼ぶことにします。

技術のポイント

ここ数年のうちに、各社からデジタルアンプが発表されていますが、大きく分けて「負帰還を持つ増幅器タイプ」と「無帰還のD/Aコンバータータイプ」があります。いずれのタイプも出力段の動作はスイッチング方式で、従来からDクラスなどと呼ばれていました。

スイッチングアンプは供給される電源の質によって音質が左右されやすく、スイッチングには数ナノ秒の時間が掛かるため、この部分がデーターどおり再現できず、ひずみとしてあらわれます。製品の設計にあたっては、ここから先の考え方に 大きな違いがでています。
スイッチングアンプの良さを採りながら電源への依存度やスイッチングのひずみを改善するために総合して負帰還を用いたのが増幅器タイプです。
一方、スイッチングのひずみは残るものの、負帰還に伴うさまざまな問題を解消するため、負帰還を使わずに実用に十分な特性を得ようとしたものがD/Aコンバータータイプです。

負帰還に伴う大きな問題は、アンプが駆動する相手がスピーカーだということにあります。スピーカーはLCRの要素があり、また電気機械系なので部屋の音圧により起電力が発生し、その成分が負帰還回路を通して入力側に戻りアンプに影響を与えてしまうことです。これらのことから、スピーカーの置かれる部屋の特性や設置の仕方などを含め、大きなループが形成され結果的にそれぞれが干渉しあうことになります。

当社が採用したs-masterプロッセッサーによるアンプは負帰還をもたず、生成されたPWMデーターによりそのまま電力素子を駆動し、簡単なローパスフィルターによってアナログ信号を得ています。また、出力段の動作は最適値を確保するためにタイミング調整は一台ごとにおこないます。

構造は十分な安定度を持つ大型の電源を左右対称に配置。余分な配線材をなくした一枚基板で構成し、音質だけでなく信頼性の向上にも努めています。また、キャビネットはアルミの削りだしで密閉構造です。

無帰還へのこだわり

無帰還へのこだわりは今から40年以上前に秋葉原の電気街で部品を買い集めアンプを自作してオーディオを楽しんでいた頃まで遡ります。
特性を良くしようと負帰還を多くかけると高域まで伸びた良い音になるのですが、音楽に躍動感がなくなるような気がしていました。また、負帰還が少ないと独特の音色がして、どの程度負帰還をかけるかという点について思考錯誤していました。

その後、仕事としてテープレコーダーの開発や設計に携わるようになり、原音再生を目指した時期もありましたが。録音再生を数多く経験するうちに、録音の現場などで音色は変わっても「現場の雰囲気に近く聴こえる方が良いのでは?」とも考えるようになりました。

 そして、決定的だったのが、レコードの製作をしているレコーディングエンジニアと議論をしていたときです。エンジニアから最後に出た言葉が「レコードに原音はない。私が原音だ」だったのです。この頃からレコードは作品だと思うようになり、現在に至っています。

原音再生を目指すのは大切なことですが、サウンドデザインでは、原音再生はオーディオ音楽を楽しむための手法のひとつであると考えています。アンプのデジタル化はデジタル音源が多くなったこともありますが、無帰還アンプを達成するための手段の一つであると思っています。

生活空間の範囲でのオーディオ

デジタルアンプSD05はスピーカーや部屋の影響を受けにくいため、部屋の構造やスピーカーの置き方に対して寛容です。また、サイズもコンパクトで消費電力も普通の音量では20ワット以下ですからリスナーの生活空間を大切にしながらレコード音楽を楽しんでいただけます。

「スピーカーはミリ単位で調整しなければ良い音は出せない」と仰る方もいますが、それはそれで個人で追求していただければ良いことです。サウンドデザインはより多くの音楽愛好家の方々に、オーディオ音楽を楽しんでいただきたいと思っているのです。

有限会社サウンドデザイン
代表 石田正臣

これは、オーディオ協会機関誌 JASジャーナルに掲載された石田さんのSD05紹介記事です。
無帰還アンプを作るためにデジタルを採用されたことが説明さています。
by SD05CLUB | 2007-07-31 10:08 | SD05について