<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

那須の試聴室のサウンド

那須の試聴室を訪れた方は、お判りでしょう。まず圧倒的な静けさです。どうして石田さんが,那須に試聴室を作られたかがよく解ります。
SD05の最大の特徴は、その他に類を見ないS/N比(サウンド/ノイズ比率)です。文字通りウンともスンとも言いません。その静けさは、都会の暗騒音(常に聞こえる騒音)にマスキングされて、解らないからです。
b0098901_17164374.jpg

那須の試聴室で聴くと、音が何も無いところから、立ち上がっていくのを聴く事ができます。
そして、皆さんが異口同音に驚くのは、低音の再生能力です。どこまでも、伸びていく超低音。箱鳴りが無く、鳴る時だけなる、柔らかい空気の振動! SONYのフラグシップ「SS-1ED」の帯域の広さを実感させる音が、鳴り響きます。

石田さんは、このログハウスを作られるときに、あえて床の構造を補強しませんでした。試聴しにこられる方々の、お家と余りにもかけ離れたものを作っても、意味が無いとお考えになられたのです。数ある試聴室の中には、特別に、入念に作られたものもあります。理想的な音響にする努力は、大切ですが、実際に購入されたあと、音の差が余りにも大きいのも困るからです。

この事一つとっても、いかに石田さんが、このアンプをオーディオマニアではなく、音楽愛好家に使っていただきたいかの、アカシですね。
このアンプの、基本的なコンセプトは、家庭で、通常の環境で音楽を楽しんでいただく事にあります。オーディオ専用室ではなく、普通のリビングルームで音楽を楽しんでいただきたいのです。
那須の試聴室の、ラインアップは、非常にシンプルです。石田さんの設計された、SONYのCDP MS1のCDプレーヤーと、DACとプリ、メインアンプの三つの機能を持ったSD05アンプ。
そして、鳴らすスピーカーだけの3点セットだけです。組み合わせるSPの価格にも依りますが、通常は、100万以内で収まります。もっとも 「SS-1ED」はペアーで200万しましたが。オーディオをされている方は、全くの初心者以外は、何らかのSPを愛用されているでしょう。
それが、たとえ40年前のヴィンテージスピーカーだとしても、充分、いや、とても信じられない音色で鳴り始めるのです。SD05で、JBLやタンノイ、アルテック、また、16センチのシングルコーンSP達が、見違えるような音で鳴り始めるのを、確かめました。

そして,何よりの驚きは、鳴らしている部屋の影響が殆どないという事です。今までの様に、SPの置き場所に、それほど神経質に鳴らなくても、そのSPの本来持っている特性が、充分に発揮されるという、魔法のようなアンプなのです。

また、繋ぐSPコードも高価な特殊なコードは要りません。極端を言うと、一番安価なメーター100円程度の普通のコードでも、構わないんです。勿論、コードを選ぶ楽しみはあります。それどころか、SPコードの測定器と呼べる程の、変化も再現します。
しかし、その差は、従来の様な『相性』ではなく、音量の変化に現れるようです。

ACコードも同じ傾向です。いや、SPコードより音質の差が解りやすいとも言えます。SD05も電源はアナログです。その方が、しっかりする音が出るようです。電源をデジタル(スイチング電源)にしなかった理由が、解ります。 K/013
by SD05club | 2006-06-17 16:59 | 那須

那須の試聴室

那須の試聴室とは、考えられたものです。昔からの別荘地に、ご自分でログハウスをお作りになられる。
石田さん以外に誰が考えられましょうか?ご本人はお金がないから、自分で作られたと言われるでしょうが、簡単には組み立てられません。
還暦をお迎えになられた人が、全部ご自分で建てられるなど、DIYが趣味だとしても、感心させられます。手作りログハウス
b0098901_20102941.jpg
b0098901_20104018.jpg
嬉しそうな石田さん。建設中にはアクシデントもあったのです。

『この日はちょっとしたアクシデントがありました。
一番大きな部材を乗せるときにそれまでしぶかった溝へのはめ込みがなんの抵抗も無く入ってしまったのです。
脚立の上で部材を腕で支えていたので、片腕がそのまま歩合の間に挟まれてしまった格好になりました。一度入ってしまうと簡単には抜けません。
しばし脚立の上で(腕を挟んだまま)考えた結果、腰の作業ベルトに入れておいたバールでこじり、ハンマーやペンチの柄を挟んで少しずつ持ち上げて隙間を空けることに成功。
なんとか脱出しましたが、一人で作業するときは十分な注意が必要だと痛感しました。
このときは携帯電話を左のズボンのポケットに入れておいたのですが、左腕を挟まれたので右手では出せませんでした。
携帯電話はストラップで首から下げ、胸のポッケトに入れておき、いざと言うときは助けを呼べるようにしておいたほうがよさそうです。
こういった事故のないように、ログハウス屋さんのスタッフの方は巡回してくださっているようです。何しろ人気の無い山の中での作業です。中には動けないまま一晩過ごした方もいるのだとか!』
 K/013
by SD05club | 2006-06-15 20:10 | 那須

SD05との出会い

b0098901_19573792.jpg


CD立ち上げのときから,二十年以上その可能性に大きな期待をかけて聴いてきました。しかしいつまでたっても、CDの長所である、SNの良い音に巡り会ません。
CDが登場したときに、CDは理論上皆同じ音がするといわれましたが、実際には、全て違った音でした。総じて,高音に切れ味がない、ボーとした音か、高音が固く伸びがない、人工的な音がしていました。あれから、何台のCDプレーヤーを購入した事でしょう。いつもまだCDは発展途上だから、録音やマスターリングが慣れてくれば、いつかはCDもアナログレコードよりもすばらしい音を奏でてくれると信じてきました。
ようやく、CDのダイナミックレンジを損なわず再現できるアンプに巡り会えました。アナログに変換する事無く、ピュアのままにスピーカーを鳴らします。 DIY/044
by SD05club | 2006-06-12 00:25 | 私のSD05