<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

923ビッグバンド録音会

12月の18日の火曜日杉並公会堂小ホールで、木幡光邦さん率いるビッグバンド・923BBの録音収録と演奏会が行われました。ドラムス2セットの豪華なビッグバンドは総勢18名の名手たちで構成されています。923BBは、数あるビッグバンドジャズのバンドの中でもよく知られ、ドラムス二台と圧倒的な切れ味のブラス群から繰り出される音の迫力に実演を聴かれた方はみな圧倒されます。現在ではビッグバンドの様な大音量のライブでもPAを使うのが常識になっています。実際、ライブ会場の最前列でサックスの目の前に座っていても、音は左右のPAから聞こえてきます。日頃クラシック音楽の演奏会を聴いている者にとって、それがとても違和感を感じていました。トランペットの中にマイクを突っ込むように各楽器に一本づつ配置され、背後に置かれた調整卓でバランスを取っています。曲ごとにバランスも変えているようです。音楽家の演奏者同士が音のバランスを決めるのではなく、調整卓の技術者により演奏のバランスが決められているようです。

基本形のピアノトリオの場合、一番大きな音を出している楽器はドラムスです。特に生のウッドベースを使っている場合は、よほどドラムスの音を小さく演奏(スネアで適当)しなければバランスが崩れます。その為ライブハウスではほとんどピアノとベースにはマイクをつけて増幅しているようです。
b0098901_17192772.jpg

今年の夏、ファンクラブのレコードコンサートを開いている杉並公会堂の小ホールを使って木幡さんのコルネットと安ヵ川さんのウッドベースそして竹中さんのギターのトリオの録音をしました。小ホールの残響が近接録音されたワンポイントマイクのジャズ録音でも有効なのを確認しました。両方の録音を依頼したMA・RECORDINGSのタッドさんと12月のビッグバンドコンサートに向けて録音方法の準備を重ねてきました。ワンポイントマイクによる録音ですから音量の違う楽器の音のバランスをマイクからの楽器の距離を調整してフェーダーの代わりをし無ければなりません。しかしアタック音が大事なドラムスの音は、音量が大きくても離すと音に迫力が無くなります。そのバランスを取りながら、音場再現性のあるワンポイントにこだわり収録する方法を考えてきたのです。

ご承知のように、MA・RECORDINGSの録音では比較的小編成での近接録音が多く、今回のような大編成オーケストラの録音はタッド氏にとっても挑戦でもありました。今回の録音は初めての試みでしたが、出来上がったCDをお聴きになられればその分離と楽器の実在感・バランスに驚かれるでしょう。立体感のある音像でハーモニーが分厚く構成されているからです。
b0098901_2394712.jpg
使用した録音資材はタッド氏特製のB&Kの無指向性のユニットを使ったマイクアンプ内蔵タイプで、今までの名録音を支えてきた資材です。特製のクリスタルケーブルから短距離でKorgのMR-1000 1-Bit Professional Mobile Recorderで、1ビット5.6448MHzでマスター録音されて、曲目やソロ楽器の組み合わせに合わせて、マイクアレンジを調整して行きました。会場にはKORG社の技術者も訪れソフトのバージョンも調整されていたようです。

タッドさんのマイクとは別に、会場のB&K4006を使用して、Tascamのメモリーレコーダーに長時間収録を考え44.1KHz・16ビットのCDフォーマットで記録されています。こちらの方は、会場のアンビアンスを含め収録されています。ファンクラブの会員各位に配布するメーキングCDではその様子がお聴きになれると思います。
b0098901_2311778.jpg
朝10時から始まったピアノ調律を待って、昼過ぎから食事も取らずに、マイクのセッティング、演奏者の位置を決めていきました。1時前には全員が揃い、音出しをして貰いバランスをチェックしていきます。タッドさんはバンドのリハーサルを録音してバランスをチェックして微妙なマイクアレンジを加えていきます。二十年以上のキャリアがマイクの位置を的確に割り出していくのです。興味深い光景でした。
b0098901_10282449.jpg

やがてバランスも整い楽器も暖まってきたところで、最初のテークを収録しました。控え室に用意したSD05/75Wに新しく制作した架台にPSDのT3を乗せモニターSPで鳴らしました。演奏者全員が集まり小さな部屋には入り切りません。スタジオ録音に慣れた演奏者の皆さんは、たった二本のマイクだけで録られた録音に食い入るように聞き入っていました。皆さんおお顔に驚きが現れ安堵の表情に変わっていきました。「こんないい音聴いたことがない!」というのが多くの方の感想でした。
b0098901_23142650.jpg
関係者全員その表情と収録された音を聴いて一様に驚きそして安心したのです。年末になり演奏者との打ち合わせも終え、曲目や順番も決めてCDの制作に掛かりはじめました。収録された音を聞き込んでいったタッドさんが、製品としてのマスターリングをアメリカで行うよう依頼をしてくれました。恐らくこれからのショーで評判を呼ぶ作品に仕上がることでしょう。試聴盤は、一月のラスベガスで開かれるCESのショーで披露されるようです。製品として出来上がってくる音が本当に楽しみですね。
b0098901_23172274.jpg

by Sd05club | 2007-12-30 00:37 | Sound Cafe

ライブ録音の現場!!

ファンクラブの特別企画としてJAZZのフルバンド(なんと豪勢な!)のレコーデイングに参加?できる機会があるという。
録音の現場に居合わせるなんてなかなか経験出来ないことだし、なにより現場という言葉にわたしは弱い。例えばアラスカでの鮭漁の現場に立ち会うだのエスキモーがカリブを狩る現場に立ち合えるとしたら、どんな困難を排除しても駆けつけるだろう。それほどエキサイチンテイングでは無いにしろ、音楽を録音してそれをCDにするというい作業は、何かアフリカの呪術師が村人を集めて魂を何かに封じ込めたりする儀式と似ている気がする。(そんなものがあればの話し?)
音楽という空気の振動を封じ込めるとときに、魂とまでは言わないが何らかの情熱とかエネルギーとか何らかの目に見えない謎の物体が混入するはず、と勝手に決め込んで大いなる期待に胸を膨らませ、会場の杉並公会堂に向かった。

少し遅れたためにすでに録音中で演奏が終わるまで中扉の前で待っていた。扉一枚へだてて聞こえるフルバンドのエネルギーと音の浸透力はすごいもので、これはオーデイオでは再生できないなと、入る前に早くもまいったと降参してしまったのだが、実は後でこれが間違っていたことに気がつくのだった。
b0098901_8472750.jpg

扉を開けて中に入って実際の演奏を聞くとこれは耳をつんざくような大音量、諸般の事情から小音量派のわたしはおもわずボリュームを探してしまったが、もちろんそんな物は無い。しかもこの演奏はまったくPAを通さない生そのものなのだ。ツインドラムの強烈なリズムを打ち破るかのごとくのホーンによる音の奔流は日常にはあり得ない圧倒的なエネルギーで私に迫ってくる。幸いなことにバンドの腕が確かなのでそれはただの大きな音ではなく、音楽として実に気持ちの良い音の流れとなって迫ってくるのだった。

白いTシャツ姿の白人のおじさんが楽器の間をうろうろしているのだが、この方が録音技師、アフリカで言えば呪術師なのだ。何をしているのかわからないが線を触ったり、マイクをいじったり、おまじないとしか思えないようなことをしているのだがきっとこれが大事なのだろう。おまじないといえバンマス、いえ指揮もしていたので指揮者?の方とバンドマンいや、演奏者の方たちとの会話がまた我々シロートには一切理解できな出来ない呪文的な会話なのだ。時にそれはじゃー1,1,3,3ねと数字だけだったり、AとCね、などとローマ字だけだったりする、その間にときどき日本語らしきものが入るが大事なところはすべて呪文?である。これはやはり普通のコンサートと違う録音現場の凄さ。さすがであるとヘンなところに感心していたのでした。

それにしてもこの音のエネルギー感は凄い、風邪をひいたらぜひフルバンドを聞きに行って風邪を吹き飛ばしてもらうべきだろう。エネルギーに吹き飛ばされたような状態でふらふらしている間に前半の録音が終了し、後半のライブまでの間の時間に会場にスピーカーが並べられ今録音したばかりの湯気が出ているような録音の再生が始まった。出てくる音もそのまま湯気が出ていたのには驚いた。

その証拠におしゃべりをしていた私にはそれが再生された音なのか、それとも誰かが演奏している音なのかまったく区別がつかなかったからだ。おしゃべりしていた相手もそれに気がついて、二人でこれはヤバいよねとヤバイを連発していただのが、このヤバイは再生しているのに本物に聞こえるのはほんとにヤバイねということなのだ。
これを読んで生と再生が同じように聞こえるなんてお前の耳のほうがヤバイんじゃないと思う人がいるかも知れないがもっともである。私だってそういう耳につばをつけなければならないような文章を読んで狂喜し、実際に聞いてみて何度落胆したものか!
でそう思うかたはぜひこの装置のコンビでこの録音を聞いてみてほしいと、実体験をお勧めするしか良い方法は浮かびません。

このように生のように聞こえるのはもちろん録音の凄さがある。しかもこの録音たったのマイク2本だけで取っているのだ。専門家でない私にはよくわからないが販売するCDの録音がわずかマイク2本だけというのはシーロト目にも寂しいではないか!にも関わらずスピーカーから出てくる音は奥行きしっかりあり、楽器の場所も指差し呼称が出来るほどである。

真冬に白いTシャツ一枚で、のそのそとガニマタで歩くうらぶれた白人の中年が(失礼)本物の呪術師だったとしても私は驚かないだろう!!後半はコンサート形式となり午後3時過ぎから9時過ぎまでたっぷりと切れ味鋭い質の高いビッグバンドの演奏を楽しんだのでした。思えば豪勢で贅沢な時間でした。このように人を楽しませる企画を実現するために働いたすべての方に、(もちろん演奏者も含めて)心から感謝します。

SEIBO
by SD05club | 2007-12-22 08:21 | Sound Cafe

新開発T3用ベースにビックリ!

石田さんの那須の試聴室に導入されたT3用の特製ベースです。コロラドのショーでの感想と反省を受けて、制作されました。
b0098901_1612733.jpg
T3がピッタリと収まっている様子が見えますね。
b0098901_1613756.jpg
中は、T3のシェープに合わせてくり抜いております。T3の積層構造と同じに作られた台座上のベースは重さなんと20キロ!床の鳴りを抑えて余りあります。
b0098901_1614748.jpg
石田さんのログハウスには、スピーカーと同じような色の方がマッチするかも知れませんが、迫力満点です。12月18日の杉並公会堂での録音のモニタースピーカーに使われ、22日のお茶の水でひらかれる、PSD社とオーディオユニオンさんの試聴会で一般公開されます。
b0098901_23343584.jpg
Acoustic Taoさんのお宅でも導入されて、T3ではなくT3.5だという評価もいただいているぐらい変わったそうです。
by SD05club | 2007-12-04 16:01 | Sound Cafe