<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

音符はデジタル?それともアナログ?

先日の荻窪での演奏会の後の食事会(飲み会?)で、面白い話がサウンドデザインの石田さんから出ました。石田さんは千葉から荻窪までは総武線と中央線で来ました。お茶の水からは中央線の新型車両に乗られたそうです。さすがに新型車両は乗り心地と加速や静粛性は向上していたそうです。しかし、電車の乗り心地は車両だけではなく、線路の整備状況によっても変わります。電車に乗っていてもいつもオーディオのことを考えている石田さんは、線路の整備具合をオーディオ装置を置く部屋の特性の喩えて話を始めました。

「中央線では旧型車両と新型車両が交互に運用されているようですが、テッチャン・鉄道マニアでなくても、誰でも新型車両の乗り心地がいいのは体感できる。それは当然のことでが、線路の整備を誤差プラマイ5mmの精度でやったとすると、新型車両だろうと旧型車両だろうと、どれでも乗り心地はよくなります。それが環境整備の効果でオーディオに例えると、部屋の環境整備ですね。しかし、現実には整備が悪い箇所があると、その部分でははっきりと、新型車両のほうが乗り心地がいいと分かるでしょう。オーディオ装置を置く部屋も、整えるのが一番いいに決まっていますが、現実問題となると厳しい難しいという人もいるでしょう。SD05は、その意味では新型車両なんですね。だから、整備をやりたくてもできない部屋でもいい音を出すためのお手伝いをすることができる。部屋のNFB(ネガティーブな影響)と切り離す、そのNFBをなくすための手段としてのデジタルアンプにしたのです。」

石田さん特有の面白い表現です。アンプ内の負帰還回路は、時としてスピーカーがマイクになって、発電された部屋の音の強調された響きを前段に戻して再生音に影響を与えています。そういえば、ウェスターンアンプの修理や再生をされている真空管アンプの専門家も、NFBをなくす手段としてのフルデジタルアンプを評価されているました。2011年以降のアナログテレビの廃止で、入力信号がデジタル化されると、一番シンプルな回路構成としてSD05は評価されるでしょう。s-masterも現在では、名前を変えていろいろなデジタルオーディオ機器、テレビ、カーオーディオ、ゲーム機にも使われてきました。1ビットのデジタル信号はそのままでも、アナログ波に見えていますね。

美味しい料理とお酒が入り、皆ご機嫌になってきました。石田さんは、続けます。

「ところで、楽譜に書かれた音符は、デジタルだとおもう?それともアナログ?」居合わせた人たちは、考えてやはり、座標軸を表しているのだから、デジタルなのでは?という答えになりました。すると石田さんは、やっぱりという顔をされて、笑いながら音符はアナログ波形なのですといわれました。位置情報と時間情報を書いてあるけど、五線譜の音符の段階では、アナログになっていると。デジタル(数字)という意味では、本当は三味線の楽譜がデジタルなんだと言われました。」

うーむ、確かに三味線の楽譜は文字(数字)の情報ですね。1ビットの波形は、そのままアナログに見えてきます。s-masterからでてくる波形は、アナログ変換されているのですね。楽譜という位置情報を演奏家達は修練で楽器の指使いに変換しています。いちいちドレミと読んでいるわけではないのです。五線譜上の位置関係と時間軸を指が追い、連続した音に変換する、休止符を正しく音として再現する。条件反射的に動かしている指使いをフィードバックさせながら、今一人の自分の内部にいる指揮者が音をコントロールして音楽に変換していく。そのデジタル・アナログ変換をスムーズに出来る人が良い演奏家なのかも知れません。

人間の限界に挑むような32音符の早さのパッセージの指使い、オーケストラの世界が崩落するようなダイナミクスな演奏を聴くと、鼓膜の破れるような音の大きさだけではなく、演奏の強弱のダイナミックレンジ、すなわち弱音部の再現性が大事なことに気がつきます。その意味でもアンプのダイナッミックレンジとS/N比は大事です。弱音部が休止符の沈黙が再現されないと、ただ大きな音へと向かってしまいます。楽譜に残された情報を音に変換する演奏家。その変換の過程の複雑さを感じさせないシンプルで昇華された音づくりにこそ、音楽家は命を掛けています。一流の演奏家の証は、弱音部の美しさだと私は思います。

楽譜はデジタルかアナログかは、面白い問題で、解釈や立場でもいろいろな意見が出てくるようです。しかし、デジタルそのものが数字であるということを、忘れた論議も多くみられます。ただ数字を細かく変換できるだけではだめで、音に変換した後に音楽が生きていないと意味がありません。どうやら問題の本質はそのあたりにあるようです。

GRFのある部屋より 原題「演奏会の後に」2008年12月10日
by sd05club | 2013-09-18 14:35 | Sound Cafe

来年の5月31日に

先日の石田さんのご会葬の時に、ご家族の方とお約束したことがあります。それは、来年の5月も那須での例会を行うと言うことです。

震災の起きた2011年と今年の二回だけ、行いませんでした。

第一回は、2007年5月12日でした。

夜は弦楽亭さんでの演奏会もあり、とても盛大に行われました。

第二回目は、2008年の5月24日でした。T4のプロトタイプがお披露目されました。

第三回目は、四月に淡路島で関西地区の例会を開いたのですが、やはり五月にはいつものように開こうと、2009年5月24日に皆さんが集まりました。この時に、200台の完売御礼と生産の中止が告げられたのです。

第四回目は、2010年の5月29日、この年の那須はとても寒く、例年より一週間遅れての開催でした。

そし第五回目は、2012年の5月26日に二年ぶりに開催されました。

今年の5月も大変寒い5月でした。連休の時から体調の悪化が有りましたので、今年の例会は、夏頃にでもと延期させていただきました。石田さんご自身は、7月まで那須に滞在されて、ご自分で車を運転されて行き来しておりました。

石田さんの思い出を語り、ファンクラブの役割を継続していくために、来年5月の31日にいつもの例会を開かしていただきます。石田さんのご家族も参加されますので、これまで、ご参加の無かった方も是非、遊びに来てください。
by SD05club | 2013-09-05 14:33 | Fan Club のお知らせ

石田さんとの思い出

自分がサウンドデザインを知り得たのは、2009年。SD05の生産が終了した後のことでした。

この時、SD05のことをどうしてもお聞きしたくて石田さんにお電話を差し上げ、お話をさせて頂きました。石田さんは、生産が終了していたのにも関わらず、技術的なことの含め大変丁寧にSD05のことをお教えいただきました。一回の電話で、石田さんのお人柄、SD05への思い入れを十分に知ることがでました。

これが、石田さんとの最初の出会いでした。 SD05は、石田さんにご紹介頂いたお店で、 幸運にも半年後に入手することが出来ました。

この時から今日まで、石田さんには、年に数回程度お電話を差し上げ、お話をさせて頂くようになりました。石田さんは、いつも丁寧な対応をして頂き、技術的なことは熱心に音楽のことは優しくお話しして頂きました。

自分は、このようなお付き合いをさせて頂く中で、SD05のこと以外にも、石田さんのお人柄からいろいろなことを学ばせて頂いたような気がします。

その中の一つですが、自分にとって名言として大切にしている言葉があります。『みんなでものを作ると良いものができるが凄いものはできない。一人で作ると良いものはできないが、凄いものができる。』石田さんはこう仰った後に、みんなで作ったs-masterという良いものを使い、一人でSD05という凄いアンプを作りました。と言われました。併せて、ソニー時代ののエピソードをお話されました。

高級アンプの製作時に100W出力で計画していたそうですが、営業サイドからカタログ競争に負けないように300Wの出力を求められたそうです。実際は殆どそのような出力は使用されないだけでなく、本当に使われるであろう出力域でs-masterの性能を最大に発揮しにくいそうで、大変ご苦労をされた様子でした。

このお話を伺いし、SD05は、s-masterの性能を十分発揮させているもので、石田さんの誠意、誇り、信念といった技術者の魂が込められて作られているものと感じました。そして、この名言は、自分の仕事の中で生きております。

最後に、いつも別れの言葉は、「音楽を楽しんで下さい。」でした。この言葉を聞くと、とてもゆったりとした気持ちになったものです。

もう、このの言葉をお聞きすることが出来ないと思うと大変寂しい気持ちでいっぱいです。
心からご冥福をお祈りいたします。

(T)127
by Sd05club | 2013-09-01 17:49 | 私のSD05