<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

SD05の修理について

昨年、石田さんから御依頼を頂き、メンテナンス方法を研修して、 SD05の修理を行っていますが、SD05は通常の使い方では、ほとんど問題は起こりません。皆さんとても大事に扱って頂いており、端子の緩みや、仕様変更、クロックアップ以外ではほとんど事故らしいことも起こっていません。

問題は、SD05を無理矢理こじ開けたり、中をいじられたりされた不幸な機器の場合です。SD05は開封されないことを条件でお使い願っています。ケースの開封は手順があり、無理矢理開けるとケースが歪む恐れがあります。また、決められた手順でトルク管理をして組み立てないと、元の音は出ません。石田さんが、一台一台、心を込めて手作りされた機械だからです。

その為、石田さんからメンテナンスを引き受けるとき、何回か講習を受け、サービスの仕方や、組み立て方を教わりました。そして、その結果を石田さんご自身に検証して頂き、サービスを引き受けました。何台かは、そのような不幸な経緯がありましたが、元に戻せたと思っています。

しかし、折角、心を込めて手を入れても、それをすぐ売却される方が増えました。最近は、プレミアが付き、その為の理由付けに、ファンクラブのメンテナンスが利用されることとなり心を痛めております。 SD05は価値はありますが、定価以上での取引は、石田さんの意志にも反します。

SD05は200台製造されました。ほとんどの製品が、元のオーナーの元で、幸せに毎日音楽を奏でています。限定された機器だけが、市場に出て何遍も持ち主を変えているのです。

ファンクラブでは、石田さんから、メンテナンス用の部品をお預かりして、愛用者のご迷惑を掛けないようにしようと頑張っております。また、来年は、2005年の発売から10年経ちますので、一応の区切りにしようと思います。

その為には、大多数の方のSD05の為の部品確保にもにも、少数の営利目的の為の修理は、お断りせざるを得ません。

●取扱説明書に記載されていない改造ないし独自のカスタマイズ(開封も含まれる)

●販売目的の為の修理

は、お取り扱い致しかねますので、ご了承下さい。

ファンクラブは、営利団体ではなく、ボランティアです。オークション等で名前を使わないでいただきたいと思います。

SD05を安心してお使い続けるためにも、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

ファンクラブ 技術サービス部
by SD05club | 2014-10-31 09:41 | Fan Club のお知らせ