SD05の修理について

昨年、石田さんから御依頼を頂き、メンテナンス方法を研修して、 SD05の修理を行っていますが、SD05は通常の使い方では、ほとんど問題は起こりません。皆さんとても大事に扱って頂いており、端子の緩みや、仕様変更、クロックアップ以外ではほとんど事故らしいことも起こっていません。

問題は、SD05を無理矢理こじ開けたり、中をいじられたりされた不幸な機器の場合です。SD05は開封されないことを条件でお使い願っています。ケースの開封は手順があり、無理矢理開けるとケースが歪む恐れがあります。また、決められた手順でトルク管理をして組み立てないと、元の音は出ません。石田さんが、一台一台、心を込めて手作りされた機械だからです。

その為、石田さんからメンテナンスを引き受けるとき、何回か講習を受け、サービスの仕方や、組み立て方を教わりました。そして、その結果を石田さんご自身に検証して頂き、サービスを引き受けました。何台かは、そのような不幸な経緯がありましたが、元に戻せたと思っています。

しかし、折角、心を込めて手を入れても、それをすぐ売却される方が増えました。最近は、プレミアが付き、その為の理由付けに、ファンクラブのメンテナンスが利用されることとなり心を痛めております。 SD05は価値はありますが、定価以上での取引は、石田さんの意志にも反します。

SD05は200台製造されました。ほとんどの製品が、元のオーナーの元で、幸せに毎日音楽を奏でています。限定された機器だけが、市場に出て何遍も持ち主を変えているのです。

ファンクラブでは、石田さんから、メンテナンス用の部品をお預かりして、愛用者のご迷惑を掛けないようにしようと頑張っております。また、来年は、2005年の発売から10年経ちますので、一応の区切りにしようと思います。

その為には、大多数の方のSD05の為の部品確保にもにも、少数の営利目的の為の修理は、お断りせざるを得ません。

●取扱説明書に記載されていない改造ないし独自のカスタマイズ(開封も含まれる)

●販売目的の為の修理

は、お取り扱い致しかねますので、ご了承下さい。

ファンクラブは、営利団体ではなく、ボランティアです。オークション等で名前を使わないでいただきたいと思います。

SD05を安心してお使い続けるためにも、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

ファンクラブ 技術サービス部
# by SD05club | 2014-10-31 09:41 | Fan Club のお知らせ

8月23日は一回忌でした

早いもので、石田さんが亡くなられてから、一年が経ちました。ご葬儀の時は、やはり暑かったことを覚えています。奥さまとご家族の皆さんとは、5月に開かれた那須の例会でお会いしていますので、あれから一年経ったと言うことが、やはり信じられない思いです。

石田さんから、御依頼されたサービスも、順調に行っております。石田さんの遺志を引き継ぎ、何時までもSD05を安心してお使い頂けるようメンテナンスを行っています。

石田さんのブログやホームページの記事をファンクラブにアーカイブにして、残すよう準備をしております。

皆様の記事もお待ちしております。ファンクラブ宛にお寄せ下さい。
# by SD05club | 2014-08-27 18:50 | Fan Club のお知らせ

ありがとうございました

前略

先日は那須では、大変お世話になりましてありがとうございます。お忙しい中、ご尽力を頂きまして、沢山の皆様が、お集まり下さり盛大なオーナー会にして頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

千葉に戻り、早速墓前に報告させて頂きました。

ファンクラブの幹事の皆様には、お忙しい中、SD05のサービスまでお願いして申し訳なく思っておりますが、お任せできて安心いたしております。

皆様には、いろいろとご配慮頂き感謝いたしおります。どうぞ、暑さも厳しくなっていく折、くれぐれもお身体をご自愛下さいませ。

敬具

石田繁代

b0098901_22273214.jpg

# by SD05club | 2014-06-08 08:24 | 那須

初めて参加させていただいて

ファンクラブ 幹事さま

お礼が遅くなりまして、申し訳ありません。

例会では、初参加者として大目に見て頂き、皆さんのご厚意に甘えて、初めから終わりまで殆ど試聴室の椅子を暖めっぱなしでした。私にとりましては5時間少々の時間があっという間に過ぎ去った気が致しました。

圧巻は何と言ってもGRFさんの奥義「とんとん」でした。私は今までにファンクラブやブログを拝見して、「とんとん」によって合った時にどう変化するかを想像出来ていました。そして、実際そのことが想像していた通りに起こったのですが、それを目の当たりにした時、言葉を失うほどの衝撃を受けました。(あらかじめ心の準備をしていた事が起こったにもかかわらず、です)
b0098901_2133673.jpg

SD05との出会いが、やがてあの奇跡とも言うべき場面を目の当たりにすることに繋がるとは、予想だにしておりませんでしたが、これも石田さんのお導きと、改めて感謝しております。
b0098901_212261.jpg

試聴室での演奏はどの曲目もオーディオマニアを自負する私がオーディオを超えて音楽の素晴らしさを満喫することが出来ましたが、それは、それほどまでに装置やセッティング等の全体の完成度が素晴らしかったからに他なりません。(時々涙が出そうになりました)
あの素晴らしさを体験させていただきありがとうございました。

S/165 拝

b0098901_2112540.jpg

# by SD05club | 2014-06-07 22:12 | 那須

ファンクラブの例会に参加して

2006年の年末、石田さんからSD05-089を発送しましたというメールが届きました。その翌日、無事SD05を受け取り、その旨の返信をしました。
 
こういった流れは製品購入時にはよくある出来事ですので、この時点ではこの後に様々な「出会い」が待っていることなど露知らずだったのです。

SD05が到着して2日後、時は2006年の大晦日でした。急遽ファンクラブの幹事さんから連絡があり、話の流れで我が家を訪問したいとのこと!!!

私は、長いことオーディオという趣味を楽しんではいましたが、近しい友人や雑誌といった範囲の中でのオーディオでしたので、大晦日の出会いは正直驚きと恐怖の出来事だったのです(笑)

2007年5月、那須にあるSD05の試聴室で行われる第1回のファンクラブ例会へ誘われるまま参加しました。そこで石田さんを始め、日ごろブログやSNSでお世話になっている大勢の皆さんに初めてお会いすることが出来、その後は、試聴会、相互訪問などを通じて、さらに数多くの方とお知り合いになることが出来ました。

そして、様々な出会いから、今ではオーディオという趣味に留まらず、、大変有意義な情報を共有できる方にも恵まれました。
 
今回6度目の例会は、昨年石田さんが急逝されてから初めての例会でしたが、那須の空気も風景もリスニングルームもいつもと変わらず私どもを優しく迎えてくれました。

そして、今年も石田さんのご家族を始め、また新たな方とお知り合いになることが出来ました。 
 
SD05という素敵な機器を贈ってくれた石田さん、いつもご尽力をくださる幹事さん、今回多大なるご支援をくださった石田家の皆様、本当に私はSD05に出会えたことに感謝しています。

これからも益々ファンクラブのご発展をお祈りしています。  

T.I/089
# by SD05club | 2014-06-06 22:16 | 那須