<< SD05 導入プロローグ SD05試聴会が開かれました >>

私のSD05/033

サウンドデザイン
石田様

埼玉のH.Sでございます。大変ご無沙汰をしております。
SD05 033を送っていただいてから早4ヶ月が経ちました。
お便りをしますと言っておきながら遅くなって大変申し訳ございません。

那須で聴かせていただいた時の音は、本当に素晴らしく感動しました。
何よりもSD05に無限の可能性を感じました。私には到達したい明確な音のイメージがあるのですが、SD05には、間違いなくそこに到達できるポテンシャルがあると、那須で確信しました。あとは私の使いこなし次第だと。

SD05は本当に素晴らしいです。誤解を恐れず言えばポンと置いてコードを繋ぐだけで、他の機器では得られない音と音楽を簡単に手にすることができます。しかし、ケーブル交換・セッティング等による音の変化幅が大きく、追い込めば追い込むだけ音がよくなっていきます。
SD05は、施策による変化量を容易に表現してくれるので分かりやすさ抜群です。

ある時、右チャンネルの音場が微妙に左と違っていて、広がりが足らないときがありました。
理由はSPとSPスタンドを固定しているボルトが若干緩んでいたことでした。締めると均等の音場感になったときは本当に驚きました。以前のアンプ達ではここまで明確に音場に違いが出ませんでした。

またSPケーブルの下にトルマリンを敷き詰めたケーブルインシュレータを使っているのですが、掃除後、左チャンネルに1個だけセッティングをするのを忘れたんです。そうすると左の音場が狭くなりました。正直言って精神安定剤程度にしか思っていなかった(笑)トルマリン効果がここまで音に出ているとは思いませんでした。さすがにこのときは原因究明に大変時間がかかりました(笑)

SD05のセッティングも他のインシュレータを使い、とことこやりましたが、結果的にSD05のアルミの脚4点でしっかりセッティングすることがベストでした。改めて石田さんの重量バランス設計・アルミ脚の位置決め等のセンスに頭が下がりました。解像度は他のインシュレータを使用したほうが向上するときもありますが、全帯域のバランスがどうしても崩れますね。

電源ケーブル・ディジタルケーブルの変化量も当然大きく、この2本をどう選択するかが大きなポイントでした。先週ようやく私に最適のディジタルケーブルが見つかり、壁を一気に突きぬけ、目指した音の入り口に辿り着きました。この音なら石田さんにも喜んでいただけるかな(笑)

以前も申し上げましたが、SD05は音楽ファンにもオーディオマニアにも双方に大満足を与えてくれますね。 H.S/033
by SD05club | 2006-09-06 09:17 | 私のSD05
<< SD05 導入プロローグ SD05試聴会が開かれました >>