<< S.Eでございます。 12月3日のレコード会社の方々ー2 >>

2005/12/17  夜更かし

12月9日(金)にお届けした、さいたま市のS.Eさんのお便りです。お届けした直後の感想から掲載させていただきます。S.E様はそれまで使っていたアンプの具合が悪く、少しでも早SD05をと希望されエージングも那須での確認も省略してお届けしたものです。
以下原文

サウンドデザイン 石田様

S.Eでございます。
SD05届きました!早速ジェフのモデル10と入れ替えて聞いております。バイワイヤリングも問題なくできました。ご配慮ありがとうございました。

ちょうど今アバド指揮・ベルリンフィルのブラームス4番を聞き終えたところです。石田様のご指摘の通りまだエージングも済んでいないと思いますが第一印象を・・・

まずつないで最初に出てきた音は幾分ジェフよりすっきりしたかな、という印象でした。デジタルアンプだ、と多少身構えていた自分にとっては「普通の」音でした。まず大きな違いを感じたのはオーケストラのトゥッティのところで音が団子にならないことでした。(特に低域)スピーカーはB&WのN802ですがモデル10でも多少荷が重かったのかな、と感じるほどです。

第2楽章も終わる頃には大分弦の音もしなやかになってきました。音量を大きくしてもうるさく感じません。ホールエコーも豊かでジェフより演奏している空間の大きさを感じます。
そこで安心したのかあとは一気に最後まで聞いてしまいました。

現在は大西順子トリオの「JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD」を聞いております。ジェフに比べると音像が小さく、奥行きが深くなってます。また、ベースの最低域が締まりましたが量は申し分ありません。緩いと思っていたN802のウーハーがこんな鳴り方をするとは・・

明日は土曜日ですし今からいろいろと聞いてみたいと思います。また感想をメールさせて頂きます。

週末に間に合わせて頂いて大変うれしいです。本当にありがとうございました!!!(やや興奮気味でとりとめのない文章になってしまいました)
S.E/015
by SD05club | 2006-08-01 11:19
<< S.Eでございます。 12月3日のレコード会社の方々ー2 >>