<< アンプはこれで決定 50Wか75W? >>

代表ブログより転載・「75Wバージョン」

SD05のカスタマイズの最初の項目に定格出力の選択があります。こ選択に75Wバージョンを追加致します。

最近では100Wを選ばれるかたはまれです。100Wを選ばれるのはCD登場以前に作られたビンテージ級のスピーカーをお持ちの方が中心です。

一方、情報量の多さなどでは50Wの方が上回っていることは、昨年の秋以降レコードコンサートなどでお聴きになった皆さんが認めておられます。

そして、フアンクラブの幹事さん達やPSDの大山さんと試聴を繰り返すうちに中間が欲しいと言うことになりました。75Wタイプは昨年暮れに行われた画廊でのレコードコンサートで比較試聴を行いました。その結果、予想通り50Wタイプに比べ音楽が聴きやすいといった声が聴かれました。

もともと音質とパワーに直接の関係はありません、パワーの違いはパワーモジュールに掛ける電源電圧の違いです。パワーが小さければ電圧も低くてすみます。そして電圧が低ければ安全のために開けてあるパルスの隙間を小さく調整することが出来ます。この結果より理想的なパルスでアナログに変換できるため音の情報が増えると考えられます。

古いタイプのスピーカーではユニットの固有の音や箱の響きが多いので50Wタイプでは情報量が多すぎるようです。フアンクラブの幹事さん達は『音楽が濃すぎる』と表現されています。

また情報量が多くなればそれだけ他の機材やケーブルなどの選定やスピーカーのセッティングなどを詰めて行く必要があるようです。一番大きいのはお使いになるスピーカーのタイプだと思います。これまでの試聴や聴かれたかたの感想をまとめるているフアンクラブのブログをご覧下さい 

出来るだけ余分な音を出さないように設計されたスピーカーをお使いの方は 50W。ある程度の個性を持ったスピーカーをお使いの方は 75W。ビンテージクラス(新しくてもこの考え方のタイプはあります)の古いスピーカーをお使いの方は 100Wがお奨めということになります。

パワーの違いはCRの定数を変えることで調整します。部品そのものを変えることではありません。また、サウンドデザインでは後日のカスタマイズ変更を有料にてお受けします。

定格出力の変更  
税込み 21,000円 当社へのセット送料はお客様がご負担下さい。
なお、同時に行うアナログ入力レベルの変更、スピーカー端子の向き変更は無料です。
作業に要する日数は1〜2日です。
ご希望のお客様は必ずご予約をお願いいたします。
この内容は近いうちにホームページに掲載いたします。

それにしても最近まで『情報は多ければ多いほうが良い』と言うのが常識?だったような気がしますがこれからは、音楽を楽しむのにはちょっと考え直さなければとも思っています。

写真はベランダの桜草
代表ブログより転載・「75Wバージョン」_b0098901_10592853.jpg

by SD05CLUB | 2007-02-20 10:57 | 石田さんから
<< アンプはこれで決定 50Wか75W? >>