<< A&Vフェスタ2008 大阪での試聴会 >>

CDのご感想

923ビッグバンドのCDは、おかげさまで大変ご好評を頂いております。お求めになったファンクラブ会員の皆さんからも、ご感想が送られてきています。苦労して制作して良かったと実感しております。

・・・まだ、じっくり聞いていないのですが、数曲を聴いた限りでは、今までのCDとは隔絶した臨場感を感じます。生演奏を目の前で聞いているのと近い感じですね。音色や音のエネルギーも十分ですばらしい録音だと思いました。SD05の真価を引き出すためには従来のCD録音の仕方そのものの変更の必要性を感じさせる成果と思います。すばらしいものをありがとうございました。・・・M.K/133さん

・・・昨年は杉並公会堂のコンサートのご案内を戴きながら、都合がつかず残念な思いでおりました。ところが、那須の弦楽亭の新年会で、石田さんがお持ちになられたテスト盤をお聞きする機会に恵まれました。音量を上げ、「之が等身大です。杉並公会堂が那須に引っ越してきました。」と石田さんの笑顔。参加者全員が嬉しくなるような笑顔でした。・・・S.Kさん

・・・昨日923BBの製品版が届きました。ありがとうございました。早速聴きましたが、鮮度感は抜群ですね。当時の録音状況が思い出されました。今回の923BBのライブを楽しんだものとしては、これ以上の音質は必要ないと思います。この納得感はライブでその音と現場を知っているから、なのかこのCDの音質は現場体験なくても十分に疑似体験できるレベルにあるからなのか、自分でもまだ整理がついていないのですが、少なくとも音楽を楽しむためにはSACDや次世代マルチ等の上位フォーマットが必要という気持ちはなくなりました。高音質CDで十分だと思います。・・・HS/033さん


・・・先日、杉並公会堂でMA RECORDINGSのTodd Garfinkleさんがビッグ・バンドの演奏をワンポイントマイクで収録する現場を垣間見た。その際収録された録音が正式なCDとなり、昨日我が家に届いた。早速その収録時の記憶を頭の片隅に置きながら聴いてみた。天才的な録音エンジニアであるTodd Garfinkleさんの実力が遺憾なく発揮された高音質録音盤である。その場の空気感もしっかり入っているうえに、一つ一つの楽音の実体感やその交じり合った際のハーモニーの精妙さがよく分かる。

当然といえば当然であるが、その収録現場で肌身で感じた音の肌合いと、このCDから聴ける音の肌合いには差がある。CDから聴ける音楽のほうが「作品」という感じを受けるのである。「洗練」と言ってもいいかもしれない。としても完成度が高いのである。音楽的なまとまり感やバランスの良さがとても高い。素晴らしく新鮮な素材を使って、腕の立つ料理長が作った活け魚料理のようですらある。素材の旨味や鮮度感をけっして損なうことなく、見事な包丁さばきで目にも美味しい「作品」ができがったようである。・・・AcousticTao/069さんのブログより

*****************************

ファンクラブの会員の方には、マスター前のCDもご希望の方にお送りしています。素材と料理の差が味わっていただけます。(リハーサル風景を納めた盤も制作中です)また、今回の製品版は、アメリカで評判の緑色のCDで制作されています。S/N比が大変良くなりますが、旧いCDや一部のPCでは読めない場合も有るようです。通常の盤も用意してありますのでお申し出ください。同じマスターから作られたにもかかわらずその音の差も大変興味深いものです。今回のCD制作によって、様々な改善点が見えてきました。CDフォーマット自体はまだまだ、大きな余地があることがわかります。オーディオ装置は入力の質によって決まりますね。
情報の少ない入力には後からどんなに「音色」をつけても偏ってしまいます。アンプより高い!ケーブル騒動に一石を投じられればと願っています。

ステレオ録音の基本に忠実に作られた今回の音が、どれだけの情報がそのままは入っているのが重要か証明しています。恐らく録音側はこれ以上シンプルには出来ないほどです。バッテリー駆動のアンプを内蔵した特製マイクと3mの特注ケーブルにワンビットレコーダー直結ですから。SD05のNON NFBとクロストークの無いアンプでお聴きになると杉並公会堂の会場の大きさまでわかります。当日の録音風景が、今季のオーディオアクセサリー誌でも紹介されました。

本CDの入手は、オーディオ店でもご入手できるようになってきました。今回のA&Vフェスタ会場でもお求めになります。また、お近くに販売店がない場合は演奏者のKUNIZOさんか当ファンクラブにお申し込みください。(順次発送しておりますが、もし到着されていない時は、お問い合わせください)
by SD05club | 2008-02-22 07:57 | Fan Club のお知らせ
<< A&Vフェスタ2008 大阪での試聴会 >>