<< 懇親会では 今週の懇親会に >>

ありがとうござました。

平日の雨にも関わらず杉並公会堂でのファンクラブの例会にご参加いただきありがとうございました。40名を越す盛況でした。
ありがとうござました。_b0098901_94477.jpg

会場は大変広くて、残響もタップリのオーケストラの練習場です。また別室の練習用スタジオでは一転してほとんど響きの無い環境でのサウンドと両方を聴いて頂きました。第1部は、ご自由にご持参のCDを聞いて頂き、SPのレイアウトも動かしてサウンドの差を体験して頂きました。あれだけの残響の中でも壁からの距離や向きで音の差は生まれます。
ありがとうござました。_b0098901_1147813.jpg

ありがとうござました。_b0098901_935844.jpg

一通り、音楽をお聞き頂いた後での石田さんのお話が面白かったですね。

● CDプレーヤーの構造
● 光ピックアップについて
● 読みとり誤差と修正
● スタンパーの制作方法
● 同じCDでの製造工場による音の差
● CDの材質・ガラスのCD
● CDの開発秘話
● CDプレーヤーはアナログ
● CDPとHDPの差
● 音の違い
● マルチビットとは
● 14ビットと16ビット
● ハイサンプリングの仕組み
● ワンビット方式
● 24ビットと32ビットの器の違い
● SACDの音
● 筐体の音の差
● デジタルの仕組み
● 耳はマイクロフォン
● 耳の自動制御機能と大音量の危険性
● 結局聞いているのは脳
● 満天の星では、星座は見えない?
● 満月の夜は星は見えない
● S/N比について
● ヴィンテージのSPの解像度
● ヴァージョンアップの効果
● ケーブルのテスト方法
● 置き台による音の差
● 床の材質は
● いやな音を立てない方法
● 材質のゆがみ・歪みは音に現れる
● SD05はアナログアンプ

等々、大変内容の濃いお話をしてくださいました。
ありがとうござました。_b0098901_11472880.jpg
ありがとうござました。_b0098901_1148056.jpg

夜に入り、懇親会が始まっても、石田さんのお話はどんどん続いていきます。補聴器の開発の時に、耳の構造、聞こえる仕組みを徹底して学ぶため、大学に聴講に出かけた話から、耳の細胞の仕組み、音の防御、寝ているときの無防備、背後から無防備で大きな音を出されたときの危険性、耳のいい人は血圧が高め!疲れると、耳が聞こえなくなる、眼が見えなくなる等々のお話は大変参考になりました。

また、大山さんのSPスタンドやコンソールの構造の詳しい説明も面白かったです。材質や接着剤の音の差も、ご質問があり詳しくお話しして頂きました。
ありがとうござました。_b0098901_8362031.jpg

アッという間の、六時間でした。終了近くの時間に掛かった、ショパンの協奏曲の第二楽章の消えゆくようなピアノの音、そしてイネッサガランテのカッチー二のアヴェマリアが白眉でした。

終了後の後かたづけを終えて、機材を大山さんと一緒に運んだら、心地よい疲れが出てきました。皆様も帰り道でも、あの素晴らしい音が鳴り続けていたと思います。

ご参加頂いた方の感想をお寄せください。

次回の例会をお楽しみに!
by SD05club | 2008-09-19 09:08 | Fan Club のお知らせ
<< 懇親会では 今週の懇親会に >>