カテゴリ:Sound Cafe( 180 )

温故知新の体験「CDレコード演奏会」

温故知新の体験「CDレコード演奏会」_b0098901_10364854.jpg9月29日は、サウンド・デザイン・ファン・クラブ主催のCDレコード・コンサートにお邪魔してきました。先日のAVフェスタで聴いてびっくりのこのアンプ&スピーカーを使ってクラシックCD聴きまくり大会なのです。
いわゆる「レコード・コンサート」形式のこの手の催しを、2006年に聴けるというのがとても嬉しいものです。この企画をなさった方々に心から拍手を送りたいと思います。午後6時30分スタートで終了したのは9時過ぎでしたから2時間30分超の長丁場。でもアッと言う間でした。時の経つのはとても早い。ありがとうございました。

さて結論を。「素晴らしい」の一言。僕の思い込みも含めて綴ってみると、まずはセッティング。ステージの3分の1ぐらいの所にスピーカー(PSD-T2)をセッティング。試聴が始まった。聴く作品、聴く作品どれもが「素晴らしい」という言葉しか浮かびません。音場なんか、本当にナマのコンサートを素晴らしい席で聴かせていただいたという感じ。まぁ、かけられた盤もより抜きだったと思われるので、逆に悪い録音盤がどう聴けるのか?なんていうことも想像してしまいましたけれど。

印象的だったのは、後半でスピーカーの位置をステージの前面へ持ってきたこと。残念ながら僕は、楽音がペタッと一列に並んでしまって、楽しくなかったのですが、そこへこのアンプ制作者である石田さんが登場して「私が制作したアンプ(FOB-SD05)は、音場をどれだけ出すかに主眼を置いています。そういう観点からは前者のセッティングがベストだと思います」と述べられたこと。我が意を得たりだと思いました。石田さんのご説明前には、6割方の方はフロントにスピーカーを持ってきた方が良いとの判断をくだされていました。オーディオ好きな人というのはそうなるんだなぁ、やっぱり。と、いい経験をさせていただきました。また「信頼の置けるオーディオ人(耳の良いオーディオ人)」としての石田さんをしっかり確認できたことが、もしかすると今回最大の収穫だったような気がしています。

温故知新の体験「CDレコード演奏会」_b0098901_10532884.jpgリクエストでキース・ジャレットのカーネギー・ホールでのソロからパート2をかけていただきました。低弦の響きは圧倒的でした。もちろんホールのアンビエンス、そしてスタインウェイの鳴りっぷりもしっかりと再現されて、思わず。うん、うんと頷いてしまいましたねぇ。ちなみにこの盤でシャカシャカと微細な音が収録されてしまっています。まさかキースが「仁丹」なんかポケットに入れていないとは思うのですが。あの音はいったい何なのだろう。自宅でも完璧に再生できるので、皆様も確認してみてくださいませ。  Sugar
by SD05club | 2006-10-02 10:09 | Sound Cafe

CDコンサートの感想です

昨日、杉並公会堂のCDコンサート参加させていただき、ありがとうがざいます。
例のデジタルアンプで、大型スピーカーを、クラシックを中心に聴かせていただきましたが、
予想以上いい音で、ちょっと驚きました。
音の歪み間がなく、デジタル臭さもまったくなく違和感なく聴けました。1部と2部でスピーカーのセッティングを変えて、あとで石田さんの説明に納得しましたが、個人的には、ジャズやポップスは、2部の前に出した方がいいように思いました。
また、会場にはオーディオ仲間の方々もご参加されていました。お会いできて良かったです。
by SD05club | 2006-10-01 00:18 | Sound Cafe

コンサートに参加しました。

Y.N/056です。ご案内をいただき、参加させていただきました。以前からこのような広いホールで是非聴いてみたいと思っていました。私は、前半のSPがステージ奥にあったときは、おとが拡散して、集中できない気がしました。
後半、SPが近づいてからは、いい音だと思うことが多かったです。このSPを聴くのは、先日のA&Vフェスタに続いて、今回が二回目ですが、かっちりとした寸分のゆるみの無い音がします。もう少し、甘さと遊びがほしいと思うのは、私だけでしょうか?
いずれにしても、このようなコンサートをまたやってほしいと思います。ありがとうございました。
コンサートに参加しました。_b0098901_19275072.jpg

by SD05club | 2006-10-01 00:17 | Sound Cafe

レコードコンサートに参加!

初めてレコードコンサートに参加させて頂きました。関係者の皆様、ありがとうございました。
広いホールでオーディオ装置がどういう感じで鳴るのか?個人的には非常に興味がありました。

ステージの床が弱いのか、低域に独特の響きが乗っているように感じましたが、ステージいっぱいに広がるオーケストラには驚きました。
中でも、オケのリハーサルの様子を録音したCDが秀逸でした。あの臨場感には参りました。

オケ以外でも、ホセカレーラスがステージ上にポッカリと定位した時には思わずステージの上を見てしまいました。
ホールに音楽が鳴り響く中、机の上にちょこんと乗ったSD-05が印象的でした。 N/M
by SD05club | 2006-10-01 00:00 | Sound Cafe

杉並公会堂のレコードコンサート

昨晩、杉並公会堂小ホールで、CDレコードコンサートを開催できました。近在はもとより遠方よりも五十人近くのお方々がお見えになり、本当にありがとうございました。初めての試みでもあり、準備不足は否めませんが、無事に終了できたことを喜んでおります。
コンサートホールを使ってレコードコンサートをしようと言い出したのは、確かに私の発案ですが、石田さんと大山さんの会社の方々のバックアップで実現いたしました。夜遅く、関係者で打ち上げをしたときに、石田さんが、何でも願えば、実現するのだなーと言われ、嬉しく思いました。
そして、装置は「音楽」を聴くのが目的であって、「音」を聴くための物ではないと、強くいわれたのに一同改めて共感いたしました。
杉並公会堂のレコードコンサート_b0098901_13244723.jpg

ホール独自の響きが加わり、向く曲や録音にも違いがありましたが、CDにより、これだけの音楽が入っており、それが再現できたことが、最大の収穫です。
参加者の皆様からも、熱い励ましのお言葉や、続行のご要望も、沢山いただきました。出来るだけご希望に応えるよう企画していきます。参加された方々の、ご感想やご意見を是非、左記のアドレスまでお寄せ下さい。
by SD05club | 2006-09-30 13:22 | Sound Cafe

レコードコンサートのお知らせ

レコードコンサートのお知らせ_b0098901_2054352.gif


石田代表もA&Vフェスタ会場やブログでご案内されたとおり、今週の金曜日、九月二十九日の夕方六時半より杉並区の荻窪に有ります杉並公会堂の小ホールにて、ファンクラブ主催のCDレコードコンサートを開催することになりました。

今回のA&Vフェスタの会場では、二十分しか持ち時間がなかった為ゆっくりと音楽に専念できませんでした。そこで、石田さんが那須で展開していますレコードコンサート形式で、ゆったりと音楽を聴いていただけるよう企画いたしました。今回の横浜のA&Vフェスタの会場でお聞かせしていたPSD社の新型SPと、ファンクラブのCDP-MS1とSD05(50W)を使用して「音楽」を聴いていただく企画です。

横浜でのA&Vフェスタにお出かけにならなかった方や、行ったけどもっとじっくり聞きたいという方へお勧めです。ゲストの石田代表も、あらためていろいろなご質問にお答えいたします。また、第二部では、皆さんのお持ちいただいた、CDをお掛けしたいと思っております。

事前登録のお申し込みは、SD05club@excite.co.jpまで、ご連絡ください。また、会場で、ご登録下さっても結構です。入場は無料です。感想のアンケートにご協力ください。皆様のお越しをお待ちしております。

日時:2006年9月29日(金)18時30分開場です。
場所:杉並公会堂 小ホール JR中央線と地下鉄丸の内線荻窪駅徒歩7分
   〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-15 TEL:03-3220-0401
  ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

レコードコンサートのお知らせ_b0098901_2133730.gif

(このご案内は、コンサート当日の29日の日付で、掲載されています)
by SD05club | 2006-09-29 17:17 | Sound Cafe

A&Vフェスタご来場のお礼

A&Vフェスタご来場のお礼_b0098901_113055.gif


(株)PSDの大山/049です。
A&Vフェスタ開催期間中には多くの方にお越し頂き誠にありがとうございました。特に、SD-05のデモを当社のスピーカーで行って頂いた石田さんには、この場をお借りして御礼申し上げます。また、会場にお越し頂き貴重な意見を下さったファンクラブの皆様、ありがとうございました。

色んな方に色んな意見を頂きましたが、なかでも、「もう一回りか二回り位小さいと良いんだけど・・・」という意見が多かったです。その点につきましては現在、開発を進めておりますのでもうしばらくお待ち下さい。

さて、A&Vフェスタでお披露目したスピーカーですが、29日の杉並公会堂レコードコンサートに向けて、更に改良を加えております。広いホールでどんな風に「音楽」が再生されるのか、今から楽しみにしております。当日は私も会場に居りますので、お気軽にお声かけ下さい。

A&Vフェスタご来場のお礼_b0098901_15762.gif
by SD05club | 2006-09-27 00:31 | Sound Cafe

A&Vフェスタ2006に行きました

A&Vフェスタ2006に行きました_b0098901_21571587.gif


M.A/017です。A&Vフェスタ2006に遊びに行ってきました。石田さんのわかりやすい説明とデモで、改めてSD05の素晴らしさを感じ、感激しました。私自身、SD05とCDP-MS1改を使用していますが、会場で、あの音場の奥行き、広さ、定位の良さ、まるで演奏会場で聴いているような、CDの再生音?を聴き吃驚いたしました。

今までのオーディオショウでは、機器のデザイン、価格、使用部品等を中心に見学し、音を聴いて、何点か係員に質問をしたくらいでしたが、今回は、音楽を聴いて驚愕し、改めてSD05とCDP-MS1改、PSD社の新開発SPを見た、、、、そんな感じでした。
A&Vフェスタ2006に行きました_b0098901_14483785.jpg

今回出品された新型SPを開発されたPSDの大山さんとお昼をご一緒出来たので、SPの開発時の苦労話をお聞きしました。「いままで、苦労してSPの開発をしてきましたが、今回は石田さんのSD05とCDP-MS1改があって、初めて非常に帯域が広く、ダイナミックレンジが大きくて、能率の良い、理想的なSPを設計できました」とのお話でした。
私も、あれだけの大きさのホールでサンサーンスのオルガンが25Wのアンプで自然な感じで空気を揺するとは思いもしませんでした。
SD05の能力と専用に開発されたのSPのバランスが、とても素晴らしかったです。

デモの時間は4社ですから、一社20分と、とても短かったのが残念でした。その中でも、石田さんの演奏していただいた曲の中でもカラヤンのアイーダは、本当に素晴らしく、デモ会場にいるのを忘れて、音楽に引き込まれてしまい、全曲聴きたいと思いました。帰り道に横浜のCDショップでアイーダを探ました。ようやく2件目の店にあり、喜んで購入して帰りました。今回のフェスタ見学は大変意義のある一日で、サウンドデザイン石田さん、PSDの大山さんに感謝しています。有難うございました!

9月29日に杉並公会堂の小ホールで、今回の機器を使ったレコードコンサートが有るとの事、楽しみにしています。A&Vフェスタ2006の会場に来られなかった人は、ぜひ、行かれる事をお勧めします。デジタルオーディオの幕開けをはっきり自覚されると思います。 M.A/017
by SD05club | 2006-09-25 14:45 | Sound Cafe

A&Vフェスタ2006が無事終了しました。

A&Vフェスタ2006が無事終了しました。_b0098901_21572741.gif


今回のA&Vフェスタはお天気にも恵まれ多数の来場者にお越し願いました。サウンドハウス社のブースは、四日間毎回多数のご熱心な方で埋まり大好評でした。再現された音楽は、従来の再生音楽の枠組みを越えて、新たな音楽再生の道筋をつけられた物と確信いたします。PSD社の大型SPも、従来無かったアプローチで大きな感動を与えてくれました。素晴らしい内容だったと思います。ただ、二十分間の持ち時間では、短すぎてお客様が十分に音楽に浸る時間が無かったのが残念です。

それでも、毎回演奏終了と同時に感動を分け合ったお客様が、一斉にSPやアンプに近寄り、装置を不思議な目でごらん頂いていたのがとても印象的でした。毎回、ご説明をされていた石田さんも音の再生よりも、音楽の再生に主眼をお置きになりました。初日に来られたM.A/017さんのご指摘のように、20分間すべて「アイーダ」でも良かったぐらいです。

最終日の、最終回は、大山さんと相談させていただき、バーチカルツインの三つのSPだけにして、ボーカルを演奏いたしました。100HZ以下のウーハーを鳴らさなくても、中音は下をカットしていないので充分再現いたしました。皆さんからのご要望の多かった小型化の実験でしたが、上の三つのユニットだけでも、普通の部屋なら十分鳴ることがおわかりになられたようです。

石田さんが、ご説明されていた、「SD05は、淡々と、デジタル信号を出力に変換しているだけです。SPやお聴きに鳴られている部屋の影響を受けず、SPでアナログ信号に変換している、パワーDACです。アナログアンプの様な増幅器ではありません。お聴きに鳴られる方は、お聴きになる部屋の音とSPにご自分で責任を持ってください。魔法のアンプではありませんから。音場は再現しますが、音色は決めませんし部屋の特性を変えることは出来ないのです」この言葉が、どれほど、聞いておられる方々に伝わったかが、大事ですね。 K/013
by SD05club | 2006-09-24 21:24 | Sound Cafe

A&Vフェスタの音

A&Vフェスタの音_b0098901_21636100.gif

石田様、大山様
 
H.S/033です。A&Vフェスタがcloseしましたが、準備・実演・撤収作業等、本当にお疲れ様でした。私はオープニングの木曜日しか行けませんでしたが、その時の音を聴かせていただいて4日間のイベントの大成功を確信しました。

今回の会場での音は、ある意味お客様にとても分かりやすかった音ではないでしょうか。あの会場におけるPSDの新SPのセッティングは、試聴席からするとほとんどが直接音だと思われます(距離を取ると会場の間接音も聞こえていましたが)。自宅における部屋のチューニングは、SPの直接音と部屋の間接音をいかに融合させるか、ソースに入っている響きをいかに自分の部屋の響きと融合させるかがポイントで、多くの人が苦労している点だと思いますが、直接音だけであそこまでの広大な音場と空気感を表現できると分かれば、今後の期待感が大きくなった方々が大勢いらっしゃったのではないでしょうか。

SD05とCDP-MS1改の音はよく知っているつもりでしたが、PSDの新大型フロアSPから出る音にも驚きでした。低域の出方が本当に素晴らしい。上のバーチカルツインの部分とウーファー2発のつながりが非常にスムーズで、帯域のかぶりもあまり感じませんでした。超低域もキッチリ出ていて、中高域と低域のスピード差もなく全体域で自然で一体感のある出方だったと思います。何より低域が漂うように溶け込んだことが素晴らしかった。キチンと超低域がハイスピードで立ち上がって立ち下がっている証拠ですね。速くて柔らかく漂うような低域は音楽の基本だと改めて感じました。エージングが進んでいるとは言えない状況で、あの音は驚きです。
個人的には超低域を意識したオーディオファイル向けソースを集中してガンガン聴いてみたいですね(笑)

要望としては家庭用にラインナップを増やしていただけるとありがたいです。あのオーディオ的ではない、生のサウンドステージと空気感を普通の家庭(部屋)で容易に出せるようになれば、まさにパラダイムシフトですね!大山さんがおっしゃっていた、『置いただけでキチンとした音が出るコンセプト』が部屋の容量に応じて数種類の選択ができるようになれば、多くのオーディオファイルにとって素晴らしい福音になります。

今回の何回目かの試聴で50W/4Ωのハーフパワーの密度感を実感しました。100Wを使用している身としては混乱していますが(苦笑)。従来のアナログアンプの常識というか定説とは技術も音も違うので、やはり新しい頭(耳)で挑まないとダメですね。

10月のハイエンドショーにも出展とお聞きしましたが、またおじゃまさせていただきたいと思っています。また違った顔の音が出るのではと、とても楽しみにしております。 H.S/033
by SD05club | 2006-09-24 20:54 | Sound Cafe