カテゴリ:石田さんから( 25 )

デンバーから帰って。

石田/001です。

デンバーでのオーディオショーは純粋な2チャンネルオーディオだけですが出展者の多さに驚きました。300社にも及ぶメーカーがホテルの部屋にリスニングルームを展開していました。それも一部屋置きに空き部屋を設け音量競争にならないようにする徹底ぶりです。主宰者の配慮が伺われます。20〜30畳の部屋はまさしくリビングオーディオそのものです。ときおり大きな音で鳴らしていますが全体として実際に使われる音量でデモが行われており好感が持てました。

お客様の中には『自分の部屋はもっと広いが小さなSD05で大丈夫かと』質問される方がおられました。アメリカのリビングは広いしハイエンドオーディオでは超大型のアンプが多いのは事実です。小さなSD05が目の前でT3を鳴らしているのを聴いてもにわかに信じられないのはしかたのないことかもしれません。
デンバーから帰って。_b0098901_13261263.jpg
またメディア関係の方でもs-masterフルデジタルアンプは知られておりませんでした。SD05がアンプではなくパワーDACであると説明すると『日本にもパワーDACがあったのか』と驚いていました。メディア関係の人でもこの状態ですからパワーDACが認知されるのはまだまだ時間が掛かると思います。

肝心の音についてはほとんどの人が『初めて聴く音』といった表現をしていました。低音が、高音が、音色が、ではなくサウンドステージの再現性に感心していました。各人のオーディオに対する趣向や好みはともかくSD05とT3が鳴らす音楽を多くの方に体験して頂けたことが最大の収穫です。

今回のショーで感じたことはスピーカーシステムを出展しているメーカーの多かったことです。ユニットさえ手に入ればガレージメーカーが手を出しやすいカテゴリーです、皆さん創意工夫でシステムを組み上げデモを行っていました。また真空管アンプのメーカーも多かったです。スピーカーシステムと同じ理由でしょう。

関心したのはどれもきちっとデザインされており、作り手の意志が現れていることでした。またディスプレイも試聴室ではなくリスニングルームといった感じで皆さん気を使っているようでした。中には?もありましたが好みでない物は避けて通れば良いのです。日本のオーディオショーでは好みでない物に文句をつける一部のマニアを見かけますが、デンバーではこんな光景はありませんでした。
デンバーから帰って。_b0098901_1313657.jpg

120V仕様100Wバージョンの音ですが、CDP-MS1にステップダウントランス(150VA)を使ったことと初めてホテルの部屋で鳴らしたのでなんともいえません。デンバーの標高1600mと乾いた空気が一番きいたのかも知れません。

那須のリスニングルームで100V仕様と同じ条件でくらべて見たいと思っています。

************************
有限会社 サウンドデザイン
代表    石田正臣
by SD05club | 2007-11-01 12:55 | 石田さんから

石田さんのブログから

6月29日(金)御茶ノ水でのレコードコンサートまで一週間となりました。
杉並や千駄木の画廊で開催したレコードコンサートでは音楽的に良いと思われるものをお聴きいただきました。その後、何人かのお客様からオーディオ的に優れたものを聞かせて欲しいとの要望が寄せられました。

そこで今回は試聴会的な感覚で曲選びを行っています。S社にいた頃から試聴会は数多く行っていましたが初めての場所ではお客様の年齢層などその場の雰囲気で聴いて頂く曲を選んでいました。

限られた時間で多くのお客様が聴きたいと思われる曲を選ぶのは大変です。大編成、小編成のクラシック、声楽(オペラ)新旧のジャズ、ポップスなど出来るだけ満遍なく聴いて頂こうと思っています。そのため曲の途中でフェードアウトが多くななりますがご了承下さい。
石田さんのブログから_b0098901_11502413.jpg

T3の技術的なお話をPSD社の大山さんにして頂きます。私からはSCD-XA1200ES改造のお話を致します。また時間があればオーディオにおける周波数帯域のお話をしたいと思っております。お申し込みはこちら まで

また翌日はオーディオユニオン御茶ノ水ハイエンド館で試聴会が開催されます。こちらの方も予約をして頂きたいとのことです。昨年の試聴会では立ち聴きどころか入れない方も出てしまいました。

皆様のおいでをお待ちしています。
by SD05CLUB | 2007-06-24 14:22 | 石田さんから

T.K/115 さんへ

T.K/115 さんファンクラブへのお便りありがとうございます。
001/石田です。日々、音楽を楽しまれておられる様子が伝わってきます。
お便りのなかにご質問がありましたので、この場をかりてお答えと云うより私の考えを述べさせていただきます。

2ヶ月以上お使いになられていてエージングが進んでいると書かれておられますが、SD05のエージング時間はおよそ300時間ほどだと思っております。エージングは電気的なものがほとんどです。このほかに軽微ですが、組み立て時に掛かってしまった筐体のひずみなどは開放されるまでにずいぶんと時間がかかると思われます。

300時間以上たってもエージングが進んでいるように感じられるのは、むしろスピーカーがエージングされるのではないかと考えております。ご自宅での試聴をされた方の感想の中には『1日目は硬かった音もエージングが進んだのか3日目には柔らかくなり広大な音場が…..』
といった表現がかなりあります。試聴機は、みな千時間以上使われており、数日でエージングが進むことは考えられません。

スピーカーは特別なものを除き振動板はエッジとダンパーで支えられております。そしてこの二つは物質のたわみを利用して振動板の動きに追従しています。それまで長期間にわたってお使いになられていたスピーカーでも駆動するアンプがフルデジタルアンプに変わったことで、それまでに入力されたことの無いような信号で駆動されたため、新たな部分のエージングがされたのではないかと推測しています。

機械系のエージングについては車を初めとして使い始めてからあるとき突然静かになったりスムースになったりすることをたまに経験します。同じエージングでも電気と機械では大分様子が違うようです。

さてSD05を一般的なオーディオラックに設置しておられるとのことですが、SD05の厚めのアルミ筐体も聴いている音楽で振動いたします。上下に板のあるラックでは共振や定在波も発生します。天板に重りを置いて振動のモードが変わり響きが良くなることもあります。T.Kさんの場合の良いほうにいったのだと思います。(動物の皮に包まれているのが良かったのかも知れません)このような使い方による調整をSD05は素直に受け入れると思います。

SD05が登場した頃、お客様がSD05はウイスキーのCMの『何も引かない何も足さない』の音楽版だと表現したことがあります。大変に嬉しい言葉と思いました。
それから一年半が経過した現在、オーディオでレコード音楽を楽しむのに『何か引いたり何か足したり』も大切なような気がしています。

001/石田
by SD05CLUB | 2007-06-11 11:55 | 石田さんから

『オーナーの集い』ご参加のお礼

001/石田です。

先週末は遠路オーナーの集いにお集まり頂きありがとうございました。好天に恵まれ、おかげさまで楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ました。

那須リスニングールームに始めておいで頂いた方も何度目かの方も、皆さん思い思いに楽しんで頂けたと思っております。また『弦楽亭』ではオーディオと生演奏を同時に聴く貴重な体験をすることが出来ました。
『オーナーの集い』ご参加のお礼_b0098901_10415134.jpg

早速、ご感想を寄せられた033さん089さんありがとうございます。
サウンドデザインが日頃から心がけている、リビングオーディオの一端を感じ取られていただけてよかったと思っております。

このような集いによってオーディオ音楽ライフがさらに充実した物になっていく事を願っております。

今回、企画準備をして頂いた002幹事さん、那須でお手伝い頂いた095さんの奥様、099さんありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。
by SD05club | 2007-05-17 19:29 | 石田さんから

オーナーの集い

石田/001です。フアンクラブ主催のオーナーの集いが企画されています。
5月12日(土)那須の音楽ホール『弦楽亭』を借りてレコードコンサート形式で行われる予定です。これはSD05のオーナーとそのお仲間の集いです。もっと枠を広げればフルデジタルアンプの集いかも知れません。
オーナーの集い_b0098901_22222551.jpg

当日はお昼頃からサウンドデザインのリスニングルーム前のデッキでバーベキューを予定しています。聴こえてくる音楽を楽しみながらのデッキでのバーベキューは格別です。

3時頃から『弦楽亭』でレコードコンサート形式で楽しんで頂きます。PSDの大山さんは『T3』3号機を違った仕上げと調整で弦楽亭で鳴らす予定とのことです。夕方の休息の後は弦楽亭のオーナー『靖奴』さんとお母さんのピアノによる生音楽をお聴きいただきます。ザ『GSQ』は予定が詰まっており実現できませんでしたその後、おいで頂いたオーナーの皆様の自己紹介を兼ねた『この一枚』を聞きながら9時過ぎまで楽しんで頂きたいと考えております。
オーナーの集い_b0098901_222385.jpg

お一人で宿泊参加される方の宿はラ・フォンテです。東北新幹線でおいでになる方には那須塩原駅か最寄バス停までの送迎を予定しています。

近隣の方で日帰りを予定されている方もご連絡をお願いします。参加ご希望の方は早めの連絡をお願いいたします。連絡先はファンクラブまたはサウンドデザインにお願いいたします。
by Sd05club | 2007-05-05 22:10 | 石田さんから

お礼とお願い

001/石田です。

SD05の100台達成のお礼から2ヶ月近くがたちました。
シリアルNo101以降のお客様には1ヶ月以上お待たせしてしまいました。おかげさまで100台以降も2月末から順調にお届けできるようになりました。現在は110番代後半を組み立てております。

フアンクラブのブログが解説されて10ヶ月ほどですが、最近は『フアンクラブのブログでSD05を知った』と云うお客様が増えているような気がします。

実際にSD05で音楽を楽しんでおられる会員の生の声が伝わっているものと思います。お便りを頂いた皆様にお礼を申し上げます。

このところ改造トランスポートの話題があちこちで取り上げられています。
手ごろなCD専用機が無いために改造を実施したもので、改造トランスポートでなくても十分にSD05の良さは発揮できると思います。

ところでSD05のお客様の中にはアナログレコードをメインに楽しまれている方が少なくありません。永年楽しんできたアナログレコードが新たな感動を伝えてくれたと言うお便りも頂いております。

もともとフルデジタルアンプは、部屋とスピーカーとアンプのお互いが影響しあう大きなフィードバックループの問題を解決することがテーマの一つとして開発されたものです。ですから音楽ソースはCDで無ければならないということはありません。たまたまフルデジタルアンプがデジタルで動作しているので信号源はデジタルの方が都合が良いと云うだけです。

お客様の中には社会問題?の『団塊の世代』の方がおられます。この世代はCDが登場した25年前は子育て真っ最中でアナログのままオーディオを中断した方が多いようです。

そしてゆとりが出た最近になってオーディオ再開となったのですが、いきなりデジタルばかりです。このような方々にはアナログレコードのコレクションをSD05で大いに楽しんで頂きたいと考えております。

そこで会員の皆様にお願いです。アナログレコードやテープなどで音楽を楽しまれている方々のお便りをお待ちしています。
001/石田

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

石田さんが、言われるように、社会問題!?の『団塊の世代』の私達の世代は、アナログレコードやアナログテープで育ってきました。実際、同世代の友人達が集まったときには、昔のレコードを聴いていますし、又その音が、素晴らしく良く掛かります。

デジタルのソースでも、時としてアナログ入力で遇えて聴く場合も有るぐらいです。SD05のアナログ・デジタル変換ボードは、大変素晴らしい物です。入力の差を、はっきりと再現して各ソースの特徴を描き出します。前段に真空管アンプを使った場合は、文字通り真空管の音になります。そのアナログの音の水準にCDプレーヤーを近づけるために、改造を行っているぐらいですから。

100名以上の、会員のまだ半数の方は、ファンクラブにお便りを頂いていませんが、これを機会にお使いのアナログの装置や、使いこなし、お好きなレコードのお話し、お好きな音楽等、自由にご投稿下さい。


また、5月の連休後の第二週の週末の5月12日(土)に初めてのファンクラブの集いを、那須の弦楽亭さんをお借りして、開催する予定です。宿泊先も、複数ご用意いたします。
温泉にはいるつもりで、ご家族連れで気楽にお越し下さい。オーディオ以外にも、奥さまやご家族の為のコースも準備していますので。関東以外の会員の方には、申し訳ございませんが、金曜日から二泊三日のゆったりコースも用意いたしますので、遠方からのご参加もお待ちしています。

詳細は、近くご案内申し上げます。ご家族、御友人を誘って是非、那須の新緑を楽しみに来てください。 勿論お一人の参加もお待ちしています。楽しい夜になりますね。
 ファンクラブ幹事 K/013
by SD05club | 2007-03-20 21:34 | 石田さんから

代表ブログより転載・「75Wバージョン」

SD05のカスタマイズの最初の項目に定格出力の選択があります。こ選択に75Wバージョンを追加致します。

最近では100Wを選ばれるかたはまれです。100Wを選ばれるのはCD登場以前に作られたビンテージ級のスピーカーをお持ちの方が中心です。

一方、情報量の多さなどでは50Wの方が上回っていることは、昨年の秋以降レコードコンサートなどでお聴きになった皆さんが認めておられます。

そして、フアンクラブの幹事さん達やPSDの大山さんと試聴を繰り返すうちに中間が欲しいと言うことになりました。75Wタイプは昨年暮れに行われた画廊でのレコードコンサートで比較試聴を行いました。その結果、予想通り50Wタイプに比べ音楽が聴きやすいといった声が聴かれました。

もともと音質とパワーに直接の関係はありません、パワーの違いはパワーモジュールに掛ける電源電圧の違いです。パワーが小さければ電圧も低くてすみます。そして電圧が低ければ安全のために開けてあるパルスの隙間を小さく調整することが出来ます。この結果より理想的なパルスでアナログに変換できるため音の情報が増えると考えられます。

古いタイプのスピーカーではユニットの固有の音や箱の響きが多いので50Wタイプでは情報量が多すぎるようです。フアンクラブの幹事さん達は『音楽が濃すぎる』と表現されています。

また情報量が多くなればそれだけ他の機材やケーブルなどの選定やスピーカーのセッティングなどを詰めて行く必要があるようです。一番大きいのはお使いになるスピーカーのタイプだと思います。これまでの試聴や聴かれたかたの感想をまとめるているフアンクラブのブログをご覧下さい 

出来るだけ余分な音を出さないように設計されたスピーカーをお使いの方は 50W。ある程度の個性を持ったスピーカーをお使いの方は 75W。ビンテージクラス(新しくてもこの考え方のタイプはあります)の古いスピーカーをお使いの方は 100Wがお奨めということになります。

パワーの違いはCRの定数を変えることで調整します。部品そのものを変えることではありません。また、サウンドデザインでは後日のカスタマイズ変更を有料にてお受けします。

定格出力の変更  
税込み 21,000円 当社へのセット送料はお客様がご負担下さい。
なお、同時に行うアナログ入力レベルの変更、スピーカー端子の向き変更は無料です。
作業に要する日数は1〜2日です。
ご希望のお客様は必ずご予約をお願いいたします。
この内容は近いうちにホームページに掲載いたします。

それにしても最近まで『情報は多ければ多いほうが良い』と言うのが常識?だったような気がしますがこれからは、音楽を楽しむのにはちょっと考え直さなければとも思っています。

写真はベランダの桜草
代表ブログより転載・「75Wバージョン」_b0098901_10592853.jpg

by SD05CLUB | 2007-02-20 10:57 | 石田さんから

ありがとうございました。

001/石田 です。
祝100台達成の文字に少々戸惑っています。
もう少しのんびりとと思っていたのですが想定外のことです。
フアンクラブの方々の情報発信力には改めて感心させられます。
本日100台の組み立てを完了しました。
100台以降まで一月近くお休みになりますが一年半をゆっくりと振り返ってみたいとと思っています。ありがとうございました。
by SD05club | 2007-01-25 23:35 | 石田さんから

東京でのレコードコンサート 2回目

サウンドデザイン代表の001/石田です。
東京でのレコードコンサート2回目が明日21日(木)と22日(金)にせまりました。サウンドデザインでは技術解説用のフリップなどを作って明日に備えています。
21日はすでに予約のお客様でいっぱいのようですが午後の早い時間にはまだ余裕があるようです。また22日は夜の部でも少し空きがあるようです(忘年会のせいでしょうか?)
皆さんにより楽しんで頂くためにおいでのお客様には事前登録をお願いしております。
画廊でのコンサートは始めての経験です。優雅に音楽が楽しめるのではないかと期待しています。

すでにSD05をお使いの方や年内のお届けをお待ちの方も見えられるとのこと、会場でお会いできるのを楽しみにしております。
by SD05club | 2006-12-20 11:52 | 石田さんから

那須のレコードコンサート

石田です。
今週の土曜日12月2日は弦楽亭での恒例のレコードコンサート・第3回目です。前半はCMなどで聴いたことのあるクラシックの名曲です。後半は私のこだわり?でA&Vフェスタで使ったサンサーンスの交響曲3番オルガン付きの半分です。

今回は爽やかにエドデワールト、サンフランシスコ管弦楽団です。最後は、ベルディの歌劇『椿姫』の一幕をお聴きいただきます。歌劇としてはおよその筋書きを知っているだけで楽しめます。

那須は紅葉も終わりに近づき観光客も減って渋滞もありません。。今週の週末は天気も良さそうなので那須まで足を延ばされては如何でしょうか。
那須のレコードコンサート_b0098901_01452.jpg

by SD05club | 2006-12-01 00:08 | 石田さんから