カテゴリ:Fan Club のお知らせ( 72 )

CDPの改造のお知らせ

SD05をお使いの皆様は、石田さんご推奨のCDプレーヤーを改造してお使いの方が多いようです。那須の試聴室で、そのサウンドをお聴きになり、従来のCD特有の音がしないのに皆驚かれます。石田さんご自身が、設計開発されたMS1改は、クラシックを聴かれる方には大変好評です。ただ、製造された台数が少ないのと、MS1の機能や使い勝手に惚れて購入された方が大半なので、CD専用機の無くなった現在ではご使用中の方が多く、なかなか市場にはでてきません。
CDPの改造のお知らせ_b0098901_10284071.jpg

先日の東京のレコードコンサートでは、ハンコックさんから XA-55ES改をお借りして使用いたしました。XA-55ESは、最後のCD専用機で、2001年まで製造されておりました。台数もMS1とは比較にならず市場に出回っております。価格も手ごろで、電源も充実しており、大変優れたCDPです。MS1とは同じメカで、基板関係も専用ボードに分かれており、電源の充実振りは7シリーズと同水準です。それが、サウンドの充実に表れており、JAZZファンには、MS1改より評価されました。
CDPの改造のお知らせ_b0098901_10421514.jpg
(この写真は、SD05の上にXA55が乗っていますが、上下に重ねる場合は、SD05を上にしてください。これは撮影上、上下が反対になっています)

ただ、SD05を購入される方は、どうしてもCDPの改造もご希望されます。改造自体は、構造を熟知した、石田さんだから出来る大規模な改造で、他で行われているクロック交換レベルではありません。そのため、石田さんご本人でさえ半日以上も掛かる大手術なのです。SD05の製造が増えるにつき、CDPの改造のご依頼が増えて参りました。しかし、SD05の製造に心血を注がれている石田さんの工房では、時間も場所も余裕がありません。
CDPの改造のお知らせ_b0098901_11101935.jpg
          MS-1改
CDPの改造のお知らせ_b0098901_13303245.jpg
         XA55ES改

そこで、Sound Design Fan Clubでは、石田さんの技術指導と部品の供給をいただき、CDPの技術に精通されている技術者によって、CDPの改造を代行してお受けする事になりました。
いずれの場合でも、当該機種をご購入されて、ご自分のリスクで改造をご依頼下さい。また、改造された場合は、メーカー保証の対象から外れます。

改造機種:SONY製 CDP-XA55ES (XA50*)、CDP-MS1
改造内容:DAコンバーター部分の撤去又は機能停止して、トランスポート
     専用機に改造.送り出しクロック専用ボードの取り付け。
注意:改造後は、デジタル出力しか使えなくなります。

改造費用:70,000円(電源インレット改造**・特製デジタルケーブル1.6m付き)送料、消費税別途
納期:2週間(最大)
お申し込み:Sound Design Fan Club Fax 03-3312-4870またはSD05club@excite.co.jpまで、ご連絡下さい。

*XA50以前の機種は、製造年が古くメーカーの保守部品在庫が無くなります。
**XA55ESは電源インレットも改造。MS-1はデジタルイコライザーも使用可能に改造。
CDPの改造のお知らせ_b0098901_1437143.jpg


その他ファンクラブでは、ドライカーボン製天板(在庫2枚あります)、各種材質による「足」等のオプショナルパーツも製造中で、会員配布する予定です。ご期待下さい。
by SD05club | 2007-01-16 13:21 | Fan Club のお知らせ

ファンクラブ会員用特別配布

ファンクラブ会員用特別配布のお知らせです。

ファンクラブでは、石田さんのご指導の下、関連グッズを開発しています。

1. 現在製造中の物は、専用のデジタルケーブルです。デジタルケーブルで、音はかなり変わります。従来のアナログアンプ用に作られたデジタルケーブルでは、ケーブル独自の色づけが見えてしまうようです。デジタル信号伝送の原点に戻って開発いたしました。

線材は、デジタル伝送用のケーブルを、特殊スリーブに入れて制作されています。ケーブル専門メーカーのご協力をいただきました。従来のオーディオケーブルのアプローチとは違ったインピーダンスのマッチングを重視して、ケーブルでの音付けを極力廃止しました。ニュートラル音の持つ帯域の広さを実感していただけると思います。このケーブルと市販のケーブルを比べると、音楽のピッチが違うように聞こえます。市販のケーブルは、ビブラートが掛かりピッチが上がって聞こえてしまいます。
ファンクラブ会員用特別配布_b0098901_1235744.jpg

扱いやすさを考慮して、長さは1mで、標準はRCAタイプのインピーダンス変化の少ない高級品を使っています。標準品以外の制作も可能ですが、納期が係ります。

会員*配布価格は、一本10,000円(消費税別**)です。配布を再開しました。9/3

(*会員とは、SD05とTA-DR1(a)のオーナーです。)

2. ご承知の通り、SD05は大変端正な音がします。その理由の一つが、オールアルミニウムのシャーシーにあります。癖のない音は、アルミの一体感と密閉性にあります。その中で、天板だけが、ある程度振動する構成になっています。ちなみに、天板の上に異金属を置いてみますと、響きが無くなります。その天板を、アルミではなく、ドライカーボンえ制作したらどうなるのだろうと言う、大山さん/049やShuksさん/012のご要望で制作してみました。ドライカーボンは大変高価な材料ですが、4mm厚の原設計と同じ寸法で製作しました。
ファンクラブ会員用特別配布_b0098901_12192051.jpg
結果シールド効果が高まり、アルミの鳴りが消えて、大音量に耐えるようになります。、JAZZやボーカルを実物大でお聞きの方には、大変好評です。クラシック的な繊細さは幾分無くなるようですが、好みの範疇です。

特別価格は、お問い合わせ下さい。現在在庫は、1枚になりました。

3. また、インシュレーター用のカーボンブロックも作成しています。大きさは、45mmx45mmで、高さは30mmです。SPの下に引くと、色づけが無く音が落ち着くようで、効果があります。ご注文は6個以上でお受けします。三点接地の方が音が安定するようです。アンプには4点の方が安定しますが。
ファンクラブ会員用特別配布_b0098901_12415224.jpg
現在在庫は、残り少ないのですが、ご注文がまとまれば、再度制作いたします。価格は1,500円/一個(消費税別**、送料別途)です。

尚、改造サービスと、ファンクラブの会員配布部品についての取り扱いは、下記の会社が責任をもって代行運営しております。

株式会社ケーエスシー  オーディオ事業部 
東京都杉並区梅里2-38-16 
TEL:03-5377-1510 Fax 03-3312-4870

その他、JAZZやボーカルファン向けにSD05専用の「足」を開発中です。足で音が変わります。現在鋭意制作中です。また将来は、CDPの改造等も、お引き受けすべく技術者を育成・研修中です。ご期待下さい。
いずれも、お求めやすい会員価格で配布いたします。これらの収益はファンクラブの運営活動(例:レコードコンサート会場費等)に当てさせていただきます。
 (**消費税別にさせていただきました)
by SD05club | 2007-01-13 10:05 | Fan Club のお知らせ